クラウドサービス 財務・経理

FinOpsの定着状況--大きな成長を遂げつつも課題も

FinOps(クラウド財務管理)は、企業やクラウド利用が複雑であるほど必要性が高いが、大多数の企業ではまだ初期段階にある。FinOps Foundationの調査結果から明らかになった。

 読者の皆さんが楽観的か悲観的かによって、FinOpsとしても知られるクラウド財務管理の現状を嘆くこともあれば、歓喜することもあるだろう。FinOpsは大きな成長を遂げているが、今後取り組むべきことがたくさんある。

 FinOps(クラウド財務管理)は、システム、ベストプラクティス、文化を組み合わせ、企業のクラウドコストを把握し、企業がクラウド予算にどのように対応できるのかを判断する能力を高めながら、スピード、コスト、品質の中から企業にとって最善のものを選択して収益を上げるものである。

 このほどFinOps Foundationが発表したデータは、年間のクラウド利用額が合計で450億ドルに上る世界の実践者804人を対象に調査を実施することで、FinOpsの現状を浮き彫りにしている。調査対象者の半数近くが1万人超の従業員を抱える企業関係者であり、企業規模が大きいほどFinOps導入を主導し、推進している可能性が高いことを示している。回答者は、自分がどの程度FinOpsに精通しているかを次のように格付けしている。這い這いレベル/初心者(43.5%)、歩行者レベル/中級者(平均2.5年、41.5%)、ランナーレベル/上級者(平均4年以上、15%)。

 主要なデータによると、FinOpsの人気は急速に上昇しており、企業はクラウド計画を加速しているものの、依然としてクラウド費用の抑制と最適化に課題を抱えていることが明らかになった。この種の報告書の第1弾となる「State of FinOps Report 2021」(FinOpsの現状報告2021)によれば、FinOpsは今や必需品であり、あらゆる規模のクラウド支出において主流となっていることが明らかになった。また、回答者の90%以上がキャリアパスになる可能性が高いとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2027文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]