コールセンター・コンタクトセンター PBX チャット Zendesk

セルフサービスで解決できない時は人間が対応--東京電力の顧客満足度向上の実際

「電話だけのチャネルでは、いつも混んでいてつながらず、(顧客には)セルフサービスで解決させたい」という東京電力では、顧客満足度向上を狙ってチャットボットやクラウドPBXなどをフル活用している。

 東京電力ホールディングスのグループ企業である東京電力エナジーパートナーは、2016年4月の電力小売り全面自由化に伴い、旧東京電力の小売り部門を担う企業として設立された。2019年7月にオペレーション部門の業務改革を推進する専任組織を当初3人で設立し、2020年4月にはデジタルトランスフォーメーション(DX)の全社展開を目指すDX推進室を社長直下に設置している。

 この間、東京電力エナジーパートナーのDX化を支援したのが2019年10月に導入した、カスタマーサービスのソフトウェアをクラウドサービスとして利用できる「Zendesk」という。

 Zendeskが2月18日に開催したオンラインセミナー「ニューノーマル時代の顧客エンゲージメントとは? - CX Trends 2021」に東京電力エナジーパートナー DX推進室 飯塚孝高氏が登壇して講演した。

つながらない電話の問い合わせをセルフサービスで解決

 飯塚氏は導入理由として「強力なAPI連携機能」「直感的に操作できるUI(ユーザーインターフェース)」「複雑なビジネスロジックへの対応」の3点が重要だったと説明する。「Zendeskのすべて(の機能)が操作できるAPIや最小限のトレーニング期間、検証完了した業務をスムーズに拡大」できる点が大きかったという。

 東京電力エナジーパートナーはZendeskで扱う業務範囲を段階的に拡大し、2021年1月時点のチケット数は月間16万(AIによる自動対応分を含む)におよぶ。オペレーター数は4つのコールセンター拠点と2つのチャットセンター拠点を合算して500人、Zendeskのショートカット(500)やマクロ(30)、トリガー(37)を活用して業務自動化も実現したという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1582文字 ログインして続きを読んでください。

「コールセンター・コンタクトセンター」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]