経費精算・旅費精算 ETL ノンプログラミング開発ツール 電通国際情報サービス

SUBARU、経費精算システムを統一--自動仕訳で会計や人事のシステムと自動連携

SUBARUが事業所ごとで分かれていた経費精算システムを統一。運用負荷を下げつつペーパーレス、業務効率化などを推進するととともに、会計や人事の両システムとデータを自動連携させる。

 自動車メーカーのSUBARU(渋谷区、単体従業員数1万5806人)は、国内全従業員約1万5000人の旅費、経費精算業務に経費精算システム「Ci*X Expense(サイクロス エクスペンス)」を採用。

 事業所ごとに異なるシステムの統一、ペーパーレスの推進、業務効率改善などの効果を発揮しているという。2月17日、提供する電通国際情報サービス(ISID、港区)が発表した。

 自動車部門で群馬県に4工場、航空宇宙部門で3工場などを稼働させている同社は、経費精算に求める要件の違いから事業所ごとで異なるシステムを活用。運用負荷や保守コストの肥大化などを課題としていたという。

 国内全従業員の旅費、経費精算業務には紙への押印を必須とする工程があり、高い作業負荷も課題だったとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約790文字 ログインして続きを読んでください。

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]