RDBMS 日本オラクル

「Oracle Database」最新版にみる“スマートデータベース”の重要性

IaaS「Oracle Cloud Infrastructure」で2020年12月から提供されているリレーショナルデータベースの新版「Oracle Database 21c」は“スマートデータベース”だという。

 日本オラクルは2月12日、記者会見を開催。“コンバージドデータベース(集約型データベース)”製品戦略と、2020年12月からIaaS「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で提供を開始した「Oracle Database(DB) 21c」の概要を説明した。

日本オラクル 執行役 社長 三澤智光氏
日本オラクル 執行役 社長 三澤智光氏

 Oracle DB 21cは216を数える新機能や機能強化を実現しているが、同社 執行役 社長 三澤智光氏は特徴的な新機能として、「ブロックチェーン機能を加えた。SQL I/Fで改竄されていないことを証明するアプリケーションを開発できる。この機能をクラウド、オンプレミスで提供できるDBメーカーはわれわれだけ」と主張。今後はLinuxやWindowsを対象にしたオンプレミス版も提供も予定している。

「目的別DBはナンセンス」

 2009年9月にリリースしたOracle DB 11gから最新版となるOracle DB 21cまでを足し合わせると、約11年間で1300以上の新機能と機能強化を施してきた。下記に示した図はOracle DB 21cの主な新機能だが、三澤氏は「開発者はわがまま。好みの言語で開発したい。Oracle Cloud内部でJavaScriptコードの実行を可能にした」とOracle DB 21cの特長を説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1436文字 ログインして続きを読んでください。

「RDBMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]