OS・ミドルウェア

Linuxで「systemd-resolved」を使ってDNSキャッシュを表示するには

「systemd-resolved」を使用する「Linux」ディストリビューションでDNSキャッシュを表示する方法を解説する。

 「Ubuntu 20.10」や「Fedora 33」など、最近リリースされた多くの「Linux」ディストリビューションでは、DNSやDNSSEC、DNS over TLS、mDNS、LLMNRの扱いを「systemd-resolved」へと移行している。systemd-resolvedはしばらく前から存在しているが、多くのディストリビューションはこの移行を躊躇してきた。しかし、systemd-resolvedの柔軟性が評価されるようになったことで、そうした不安は払拭された。

 この新しいシステムを初めて使用する人は、その使い方について、細かい点を理解するのにおそらく少し苦労するはずだ。

 例として、DNSキャッシュエントリーを表示するプロセスを見てみよう。このタスクを実行する標準のメカニズムは組み込まれていないが、それを実行する方法はある。小技を使わなくても済むのが理想なのだが、DNSキャッシュエントリーを表示したい場合、それを実現するには(筆者の知る限り)小技を使うしかない。

 「なぜDNSキャッシュエントリーを表示する必要があるのか」と不思議に思う人もいるかもしれない。DNSキャッシュに不具合が生じることがあるからだ。この問題が発生すると、DNSに依存するサービスが正常に機能しない可能性がある。DNSキャッシュを定期的にフラッシュすることでそれを防止できる場合もあるが、問題が頻繁に発生するようであれば、キャッシュを表示して、そもそもなぜ問題が発生するのか確認した方がいい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1539文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]