ウェブ会議

従業員体験基盤「Microsoft Viva」--リモートワークでの情報共有や学習を向上

マイクロソフトが先ごろ発表した従業員体験プラットフォーム「Microsoft Viva」は、チームのワークフロー、情報共有、学習機会などを改善する可能性がある。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、世界中の多くの組織がリモートワークに移行している。一部の組織ではリモートワークに長期的に取り組んでおり、Microsoftの新たなモジュールは、チームのワークフロー、情報共有、学習機会などを改善する可能性がある。Microsoftは米国時間2月4日、同社が従業員体験プラットフォーム(Employee Experience Platforms:EXP)と呼んでいる「技術ソリューションの新たなアプローチと新たなカテゴリー」の一環として、「Microsoft Viva」を発表した

 米TechRepublicの姉妹サイトである米ZDNetが報じたように、Microsoft Vivaは、Microsoftの既存製品と新たな機能を1つのプラットフォームにまとめたものである。Microsoft Viva全体は「Viva Connections」「Viva Learning」「Viva Insights」「Viva Topics」という4つのモジュールで構成されている。これらの機能は、リモートやハイブリッドで働く従業員間のコミュニケーションやコラボレーションを合理化することを意図している。Microsoftによると、「Microsoft 365」アプリや「Microsoft Teams」では、これらVivaサービスへのアクセスが付与されているという。

 米ZDNetに寄稿するMary Jo Foley氏は、「Vivaは従業員の新人研修、継続的な業務関連教育、知識発見に向けたツールのカテゴリーにMicrosoftが参入したことを示している。COVID-19の流行が続く中、仮想的にリモートでこの種の従業員リソースを提供することは特に困難になっている」と投稿している

Viva Connections

 Viva ConnectionsはMicrosoft Teamsを通じてアクセスでき、同社はこのエンゲージメントとコミュニケーションの「シングルエントリーポイント」を「デジタルな職場への入口」に例えている。Viva Connectionsは、組織のニュース、福利厚生、社内コミュニティー、方針情報などを提供するワンストップショップとなる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1567文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]