開発 運用

オフコンのモダナイズはダイエットして健康改善

IBM i(AS/400)のアプリケーション資産は、長年の開発とメンテナンスを繰り返した結果、肥大化、冗長化しており、ブラックボックス化や複雑性の原因にもなっている。具体的なスリム化の方法を紹介する。

 前回の記事において、「IBM i(AS/400)」のアプリケーション資産を不健康のまま近代化する危険性と、その対処のための健康診断項目の整理、解析ツールを用いた具体的な健康診断の例を挙げさせていただいた。

 今回はその結果を受けてのアプリケーション資産の健康改善、ダイエット方法を解説する。

不要な贅肉は健康を害さず落とそう

 不要な資産のうち比較的簡単に特定できるものに、非稼働オブジェクトが挙げられる。「IBM i」OSでは、オブジェクトの最終稼働日情報と稼働日数が記録されているため、使用されていないオブジェクトの特定が簡単なためである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2693文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]