人事・労務

リモートワークでの生産性向上--課題となる項目

ソフトウェア企業Nintexの調査によると、従業員はリモートワークにうまく対処しているが、依然として多くの課題に直面しており、その上位にはテクノロジーや柔軟性といった項目が挙がっているという。

 リモートワークへの移行はスムーズとはいえなかったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによってオフィスから離れることを余儀なくされてから1年が経とうとしている今(確かにそれだけ長い時間が経っている)、ほとんどの人が新たな作業ルーティンに適応する方法を見つけている。

 私たちは現状に満足しているわけではなく、かといって在宅勤務を紛れもなく成功させるために必要なものが何もかも揃っているわけでもない。実際、在宅勤務に対する従業員の不満は、テクノロジー、生産性、個人の健康といった点で、パンデミックが始まってからほとんど変わっていないようだ。

 ソフトウェア企業Nintexが1000人超の米国人労働者を対象に実施した調査によると、大多数の従業員はリモートワーク環境にうまく対処しているものの、依然として多くの課題に直面していることが分かった。その上位には、テクノロジー、柔軟性、時間、メンタルヘルス資源といった問題が挙がっている。

 3分の2以上(67%)の従業員が在宅勤務でより多くの仕事をこなしていると答える中、50%の従業員は自分でスケジュールを設定したり、作業ルーティンを自由に変更できたりするといった、より柔軟な仕事のスケジュールが生産性の向上に役立つと回答している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2070文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]