PC・モバイル

「Chromebook」のダウンロード保存先を変更するには--リセット時のファイル消失を防ぐ

「Chromebook」でダウンロードしたファイルの保存先を変更する方法を紹介する。ダウンロードしたファイルを「Google Drive」内から利用できるようになるという追加の利点もある。

 筆者が「Chromebook」を初期状態にリセットした回数は、数え切れないくらい多い。定期的にリセットの必要が生じるからだ。「Stable」(安定版)チャンネルから「Beta」(ベータ版)チャンネルに切り替えたことが理由の場合もあれば、単純にまっさらな状態からやり直したいこともある。理由が何であれ、Chromebookを工場出荷時の状態にリセットする手順を実行するときには、ある問題が発生するおそれが常に存在する。

 その問題とは、ダウンロードしたファイルをすべて失ってしまうことだ。

 Chromebookを初期状態にリセットすると、「Downloads」(ダウンロード)フォルダ内のすべてが削除される。問題は、手遅れになって初めて、それを思い出すことだ。そのため、筆者は少し前から、すべての「Chrome OS」デバイスでデフォルトの「Downloads」(ダウンロード)フォルダの場所を変更するようになった。それを実行したおかげで、多くの悩ましい問題を防止できている。

 これから紹介する変更方法には、ダウンロードしたファイルを「Google Drive」内から利用できるようになるという追加の利点もある。つまり、ファイルはローカルストレージに格納されるのではなく、Googleクラウドアカウントに保存されるようになる。これはウィンウィンである。

 抜け目のないChromebookユーザーであれば、筆者がこれから解説することをすでに理解しているはずだ。Chrome OSデバイスを初期状態にリセットする作業を定期的に行っている人には、この変更を実行することを強くお薦めする。

 それでは、具体的な説明に移ろう。

ダウンロード先をより適切な場所に変更

 デフォルトでは、Chromebookの「Downloads」(ダウンロード)フォルダはデバイスの内部ストレージにある。そのため、Chromebookをリセットすると、ダウンロードしたすべてのものが永遠に削除される。

 筆者が選択したのは、デフォルトの「Downloads」(ダウンロード)場所をGoogle Driveアカウント内のフォルダに変更することだ。もちろん、この変更に関しては、注意すべきこともある。Google Driveにアクセスするには、Chromebookがインターネットに接続できる環境が必要だ。ほとんどの読者にとって、それは問題ではないはずだが、インターネットに接続できない環境で作業することが多い場合でも、解決策はある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1438文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]