新興技術 日立製作所

脱炭素社会の実現に向けてデジタル技術を生かせ

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日立製作所の「再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステム」を取り上げる。

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日立製作所が開発した「再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステム」を取り上げる。

設備やサービスごとの再生可能エネルギーの使用状況を可視化

 日立製作所は先頃、建物や設備、さらにはサービスごとに再生可能エネルギー由来の電力で稼働していることを、デジタル技術を用いて可視化するシステムを開発したと発表した。

 また、2月1日から同社の中央研究所内において同システムを導入し、設備やサービス単位での使用電力が100%再生可能エネルギーであることを「Powered by Renewable Energy」として証明するシステムの運用を開始した。

 今回、日立が開発したシステムは、スマートメーターとブロックチェーン技術を活用することで、個々の建物や設備ごとの単位で再生可能エネルギーがどの程度使用されているかを可視化する。

 これにより、企業全体として再生可能エネルギーのみでの事業運営の早期実現が困難な場合でも、細かい建物や製造ライン単位での使用電力が100%再生可能エネルギーであることを可視化でき、企業の環境意識の向上や再生可能エネルギー利用の普及に貢献する。(図1

 同社は中央研究所内に同システムを導入し、「協創棟」と呼ばれる特定の建物やエレベーターなどの特定の設備に対して、使用電力が100%再生可能エネルギーであることをPowered by Renewable Energyサービスとして証明するシステムの運用を開始する。(図2

 将来的には、同システムを活用することにより、個々の製品やサービスに対して100%再生可能エネルギーで稼働していることを訴求した付加価値の高いサービスを提供することができる。

 例えば、タクシー事業者が化石燃料由来の電力ではなく、再生可能エネルギーで100%充電された電気自動車のタクシー車両にPowered by Renewable Energyマークを表示させて乗車サービスを提供するなど、環境価値を訴求したサービスの提供が可能になる。これにより、事業者への再生可能エネルギーの導入を支援し、企業の脱炭素化を促進する。

日立製作所 未来投資本部デジタルグリッドプロジェクトリーダーの青木雅博氏
日立製作所 未来投資本部デジタルグリッドプロジェクトリーダーの青木雅博氏

 今回の発表におけるオンライン会見で説明に立った日立製作所 未来投資本部デジタルグリッドプロジェクトリーダーの青木雅博氏は今後の取り組みについて、「当社はさまざまな業界のパートナー企業と協力することで、このシステムおよび証明コンセプトを活用したサービスの提供に向けた検討を進め、脱炭素社会の実現への貢献を目指していきたい」と述べた。

「新興技術」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]