会計ソフト 人事・労務 CRM SFA ウェブ会議 チャット 運用 クラウドストレージ ワンタイムパスワード アクセス管理 メールセキュリティ DWH 購買管理 オフィスソフト

ZoomとDocuSignがランクアップ--Okta調査に見る全世界リモート化の進行度

毎年最も使用された業務アプリケーションを調査するレポート「Business At Work」最新版を結果を見ると、グローバルでリモート化が一気に進んだことが分かる。

 Okta Japanは1月29日、毎年最も使用された業務アプリケーションを調査する年次レポートの最新版「Business At Work 2021」の結果を発表した。今回で7回を数える同レポートの調査期間は2019年11月1日~2020年10月31日とコロナ禍にあり、在宅勤務やリモートワークなど社会情勢を反映した結果が各所で見受けられる。

Okta データ&インサイト担当ディレクター Lauren Anderson氏
Okta データ&インサイト担当ディレクター Lauren Anderson氏

 米本社データ&インサイト担当ディレクター Lauren Anderson氏は「今回のレポートは3月以降にリモートワークへシフトしたことが反映した。企業も従業員を鼓舞するための努力や、どこからログインしてもいいようにセキュリティの強化に注力している。今回の調査で回答者の95%がスマートフォンを使用し、10%がデバイスロックを掛けていない」と説明した。

グローバルでZoomとDocuSignがランクアップ

 Business At Work 2021は、2019年11月1日〜2020年10月31日の間、米国本社のOktaが持つ9400社以上の顧客企業と、6500以上のアプリケーション事前統合を実現するという「Okta Integration Network」に基づいたデータから成り立っている。

最も人気のある業務アプリケーション 最も人気のある業務アプリケーション
※クリックすると拡大画像が見られます

 2019年の状況を示した前回の「Business At Work 2020」では、Microsoft(Office) 365、Salesforce、Amazon Web Services(AWS)が、最も人気のあるアプリケーションのトップ3を占めたが、コロナ禍における2020年はAWSとSalesforceの順位が入れ替わった。一方でZoom(2ランクアップ、ウェブ会議)やDocuSign(3ランクアップ、電子署名)といったコラボレーションツールの順位も急上昇している。

 これらはグローバルの結果であり、地域別で見ると北米はMicrosoft 365、Salesforce、AWS。欧州中東アフリカ(EMEA)とアジア太平洋(APAC)はMicrosoft 365、AWS、Atlassian Product Suite(開発支援ツール)と異なる結果が見えてきた。

 APACに限るとMimecast(メールセキュリティ)、ServiceNow(ITサービス管理)、Xero(会計)、Zendesk(顧客支援)が急成長している。また、新たにセキュリティ意識向上トレーニングツールのKnowBe4がランクインした。

 単独のアプリケーションではなく、基盤を構築して各機能を提供する“プラットフォーム”という切り口では、Microsoft 365、Salesforce、Google Workspace(旧G Suite)が3強。この結果は調査を開始した2015年から変化していないという。

最も急成長した業務アプリケーション 最も急成長した業務アプリケーション
※クリックすると拡大画像が見られます

 最も急成長したアプリケーションを前年同期比で見ると、Amazon Business(341%)、miro(301%、コラボレーション)、Figma(236%、デザイン)がトップ3ながらも、地域別で見ると、北米はAmazon Business(クライアント数は346%、ユニークユーザー数は2143%)、EMEAはZoom(同86%、同227%)、APACはAWS(同49%、同86%)という結果に。

 興味深いのはSnowflake(データ分析基盤)以外のアプリケーションはすべて新たにランクインし、トップ10中4つがセキュリティソリューションである点だ。新規株式公開(IPO)/直接上場(DPO)の観点では、Sprout(セキュリティ)は50%、Bill.com(会計)が19%の成長率を見せている。

 ベストオブブリード(マルチベンダー)型アプリケーションと、いまやOfficeスイートの枠にとどまらないMicrosoft 365の相関性を調査したところ、44%がSalesforceを、42%がZoomを併用していた。前回の調査結果と比較すると、特にZoomは10%の向上が確認できる。

 その他のアプリケーションを見ると、36%がGoogle Workspaceを、32%がSlack(チャット)を、26%がBox(クラウドストレージ)を併用していた。Microsoft 365が提供する機能と類似する業務アプリケーションを併用するケースは増加傾向にあり、約10%が6つ以上のアプリケーションを組織に展開している(前回は約9%)。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]