PaaS ノンプログラミング開発ツール サイボウズ

クラウドプラットフォーム「kintone」とは--業務をデジタルで改善するために

業務をデジタルで効率化、改善しようとしても、すんなりといかないことが意外と多い。企業や部署、役割ごとにあるさまざまな事柄を考慮する必要があるだろう。クラウドサービス「kintone」を題材に、実際にどう進めるかを解説する。

業務改善とは?

 業務改善とは何でしょうか? ここでは“最少の労力で最大の結果を出せる仕組みづくり”として扱っていきます。そのためにはクラウドで提供されるプラットフォーム「kintone(キントーン)」が最適となることが多いです。

 2020年、急激な社会情勢の変化により働き方を大きく見直す企業が増えました。特にテレワークへの移行で出社する人数が減り、オフィスを縮小するケースも見られます。どの企業も、働き方だけでなく既存業務へのアプローチも含め、これからの在り方を考える時間が増えているのではないでしょうか。

 私たちはその悩みの多くにおいてkintoneを提案しています。個々の現場業務に合わせて育てられることを大きな魅力として、2011年のサービス開始から現在までで全国の1万8000社が導入しています。

 本連載では『kintoneで走りながら実装する現場主体のデジタル化』と題し、各部門におすすめのkintone活用方法を、事例を交えながら紹介します。第1回は連載の基本となる「kintoneとは何か」を紹介します。

kintoneとは--どんなアプリを作れるのか?

 kintoneは、サイボウズが提供する、現場の業務に合わせてシステムを作成できるクラウドサービスです。実際の業務で使用するアプリをプログラミング技術不要、ドラッグ&ドロップで作成でき、チームで円滑に情報共有できます。

kintone詳細画面イメージ
kintone詳細画面イメージ

 プログラミング技術は不要ですが、アプリの作成にはそれなりの知識は必要です。しかし、その難易度がほかのクラウドサービスよりも遥かに容易です。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2022文字 ログインして続きを読んでください。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]