BI/DWH

MS「Power BI」の「DirectQuery」--データインポートなしで手軽な分析や視覚化を実現

「DirectQuery」は、マイクロソフトの「Power BI」の重要な機能だ。外部のデータソースに接続して、サーバー上で大規模な分析を実行し、視覚化や探索はPC上で実行することができる。

 Microsoftの「Power BI」分析ツールは「Power Platform」の他のツールほど注目されていないかもしれないが、同社がビジネスアプリケーションと自動化プラットフォームへの投資を続ける中で、定期的にアップデートされ、新機能が継続的に追加されている。最新のアップデートにより、モデルのカスタマイズやより多くのデータソースとの連携が格段に容易になったほか、Power BI分析をサードパーティーの分析ツールや視覚化ツールでも簡単に使用できるようになった。

 Power BIの重要な機能の1つが「DirectQuery」だ。この機能を使用すれば、ローカルの分析ストアにデータをインポートすることなく、外部データソースに接続できる。もちろん、リモートデータソースを使用するよりも、データをインポートした方が効率的だが、Power BIインスタンスにデータを取り込めない場合もある。たとえば、規制やデータ所有権が原因で取り込めない場合、あるいは、データが急速に変化していてインポートする機会がない場合、単純にデータの複製に必要なストレージ容量がない場合などが考えられる。

インポートモデルでは、サポートされている任意の数のデータソースタイプのデータを統合できる(上)。DirectQueryモデル(下)は、データをインポートするのではなく、モデル構造を定義するメタデータで構成される。モデルがクエリーされると、ネイティブクエリーが基盤のデータソースからデータを取得する。提供:Microsoft
インポートモデルでは、サポートされている任意の数のデータソースタイプのデータを統合できる(上)。DirectQueryモデル(下)は、データをインポートするのではなく、モデル構造を定義するメタデータで構成される。モデルがクエリーされると、ネイティブクエリーが基盤のデータソースからデータを取得する。
提供:Microsoft

DirectQueryの使用

 DirectQueryの接続は、通常のインポートとは挙動が異なる。クエリーの作成方法は他の接続とほぼ同じで、ソースとテーブルを選択する。異なるのは、データをインポートしない点だ。視覚化データを作成または更新する際に、Power BIはレポート作成プロセスの一環としてリモートデータソースにクエリーを実行する。これには時間がかかる場合がある。特に、非常に大きなデータセットを扱っていて、メモリー内クエリーなどのPower BIの最適化機能に対応していない場合は、長くかかるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2885文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]