セキュリティ

ランサムウェアの標的になりやすい5つの業種

かつてないほど多くの業種がランサムウェアの標的にされている。気づかないうちにランサムウェアの標的になっているかもしれない5つの業種を紹介する。

 読者の皆さんは、ランサムウェアに関する筆者の記事をこれまでに読んだことがあるかもしれない。ご存知のとおり、システムをロックし、ロックを解除するためには金を払えと要求するマルウェアのことだ。自分の会社は金融機関ではないから、ランサムウェアに狙われることはないし、それほど心配する必要もないと思っているかもしれない。まず、ランサムウェアは、標的にしていないシステムを誤って攻撃してしまうことがよく知られている。第二に、かつてないほど多くの業種が標的にされている。ここで、気づかないうちにランサムウェアの標的になっているかもしれない5つの業種を紹介しよう。

  1. 医療。米国の医療機関に対する2件の大規模な攻撃や、ドイツにおける1件の大規模な攻撃により、医療機関に対する意識が非常に高まっている。医療の標的を攻撃しないことを誓っているグループもあるが、支払いへの圧力が大きいため、医療機関は依然として関心を引き続けている。
  1. 法律業界。法律事務所の多くはデータセキュリティ対策の遅れを取り戻そうとしているところなので、攻撃者が成功する確率は高い。そこには金があるからだ。Research and Marketsは、法務サービスが2025年までに1兆ドル規模の市場になると予測している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約566文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]