周辺機器

メカニカルキーボードのキーを交換するには

ホットスワップ可能なキースイッチを備えたキーボードでキーを取り外して交換する方法を紹介する。適切な工具さえあれば、作業はかなり簡単だ。

 ホットスワップ可能なメカニカルキーを搭載するキーボードを購入した人は、キーボードの世界で宝くじに当たったようなものだ。それはなぜか。スイッチが壊れたら、いつでもそれを取り外して、スイッチの種類を変更したり(例えば、リニアスイッチからクリック感のあるスイッチに変更)、キーボードを再マッピングしたりすることが可能だからだ。

 交換可能なスイッチを備えたメカニカルキーボードを購入した人であれば、おそらく、交換方法もご存知のはずだ。しかし、ご存知ない人もいるかもしれないので、本記事では、その手順を紹介する。

 キーボードキーの交換に取り掛かる前に、理解しておくべき非常に重要なことが1つある。それは、キーの交換が容易ではないメカニカルキーボードも存在する、ということだ。メカニカルキーボードも含めて、ほとんどのキーボードでは、キーが回路基板にはんだ付けされている。つまり、キーを取り外す前に、はんだを除去する必要がある。これは読者の皆さんには手に負えない可能性が高いので、その道を突き進むのは避けた方がいい。

 しかし、ホットスワップ可能なキースイッチを備えたキーボードを購入した場合は、適切な工具さえあれば、実際にかなり簡単にキーを取り外すことが可能だ。

必要なもの

 ホットスワップ可能なキーを備えたキーボードのほかに、キーキャップ/キースイッチプラーが必要になる。こうした工具は、Amazonから5ドル程度で購入できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約836文字 ログインして続きを読んでください。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]