スマートフォン

「Galaxy S21/S21+/S21 Ultra」入門--サムスンの新スマートフォンの概要

サムスンは「Galaxy S21」「Galaxy S21+」「Galaxy S21 Ultra」を発表した。2020年モデルより価格が抑えられているほか、S21 Ultraは「S」シリーズで初めて「S Pen」をサポートする。

 サムスンの新しいスマートフォンには、「Galaxy S21」「Galaxy S21+」「Galaxy S21 Ultra」の3機種がある。いずれも発表日は米国時間1月14日で、偶然にも「CES 2021」の最終日と重なった。だが、CESの公式イベントの一環として発表されたわけではなく、韓国からライブストリームされたバーチャルイベント「Samsung Unpacked」での発表だった。

 サムスンは同イベントに「Welcome to the Everyday Epic」(毎日が特別に)という事前タイトルを付けていた。これは、毎日を特別な1日にすることができるという同社の考えに基づくものだ。予想どおり、これら3つのデバイスには多数の機能が搭載されている。「S」シリーズの過去のスマートフォンから大きく変化した点もあり、S21 Ultraは「S Pen」をサポートする。これまで、S Penに対応するサムスンのスマートフォンは「Galaxy Note」シリーズだけだった。

 これはサムスンの定期的な発表サイクルの一環だが、例年よりも少し時期が早い。その理由はおそらく、2021年冬にバルセロナで「Mobile World Congress」が開催されないことだろう。2020年2月11日には、サンフランシスコで開催された対面式のイベントで、「Galaxy S20」フラッグシップスマートフォンのラインアップとして、Galaxy S20、「Galaxy S20 +」「Galaxy S20 Ultra」が発表された。その後、2020年8月に初めて完全デジタルで開催されたGalaxy Unpackedにおいて、「Galaxy Note 20」と「Galaxy Note 20 Ultra」が発表されている。

 「2021年には、高級スマートフォン市場において、当社が分岐と呼ぶ現象が起きており、さまざまなタイプの消費者の間でニーズの多様化が進んでいる。これが起きているのを実際に確認したのが、2020年のSシリーズとNoteシリーズの発売時だ」。Samsung Electronics Americaのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのDrew Blackard氏はこのように語る。「一方では、価値を優先する姿勢を強めている消費者がいる。最も高価なスマートフォンを購入する気にはならないという意見や、もっと手頃な価格のモデルでも自分のニーズには十分そうだという声を耳にしている。だが、他方では、最新のGalaxyデバイスを手に入れる必要があるという人も依然としている」。Blackard氏によると、S20もNote 20も、発売後の最初の1カ月でサムスンの売上高で最も大きな割合を占めたのは各シリーズのUltraモデルだったという。

Galaxy S21の各モデルは前シリーズよりも低価格に

 Blackard氏はGalaxy S21とGalaxy S21+について、機能が豊富なスマートフォンを「2020年よりも手頃な価格」で手に入れたい人向けに設計されている、と述べた。価格は、Galaxy S21が799.99ドルから、Galaxy S21+が999.99ドルからだ。

 これに対し、Galaxy S20の発売時の価格は999ドルから、Galaxy S20+は1199ドルからだった。Ultraシリーズも2020年モデルより価格が抑えられており、Galaxy Ultra S20は1399ドルだったが、2021年のGalaxy Ultra S21は1199.99ドルからだ。

 GartnerのシニアプリンシパルアナリストのTuong Nguyen氏は、この価格調整は以下のようなさまざまな要因への対応である可能性が高いと述べた。

  • パンデミックによる不安定な世界経済:フラッグシップデバイスの価格上昇という過去のトレンドを正当化することが難しくなっている。
  • 買い替えサイクルの長期化:消費者がスマートフォンを使い続ける期間が長くなっている。その影響は、最上位のフラッグシップデバイスではそれほど顕著ではないかもしれないが、現在使用中のデバイスから段階的に改善された製品を購入する場合には、このトレンドが当てはまるだろう。
  • 価格競争:Appleは「iPhone 12」シリーズで価格の上限を維持した。
提供:Image: Samsung
提供:Samsung

Galaxy S21とGalaxy S21+の主な機能

 一目で気づくGalaxy S21とS21+の変更点は、本体の金属フレームに統合された輪郭カットのカメラデザイン、新しくなったマット仕上げ、そして新色のファントムバイオレットだ。このカラーは、対照的な金色のフレームによってスタイリッシュな効果を生み出している。Blackard氏は、「Galaxy Sシリーズのデザインにおけるこれまでで最大の前進だ」と述べた。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]