オフィスソフト

「Excel」での並べ替えを簡単に--ショートカットやマクロを使用する方法

「Excel」で複数の列を並び替える場合、メニューなどを何度もクリックする必要がある。ショートカットキーやマクロを使用して、並べ替えを簡単に実行する方法を紹介する。

 データの並べ替えは簡単だ。「Microsoft Excel」では多くの場合、キーボードショートカットなど、並べ替えのための機能を多数利用できる。実行する並べ替えはほとんどが単純なものなので、その機能について考えることはない。だが、複数列の並べ替えとなると、クリックや選択の回数が増える。それでも簡単だが、作業の流れが止まる場合があり、一部のユーザーはあまり遅くなるのを好まない。今回はまず、単一列を並べ替えるキーボードショートカットの使い方を紹介する。次に、2列の並べ替えを実行するマクロを見ていく。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsmファイル.basファイルをダウンロードしてもいい。本記事の内容はブラウザー版には適していない。

Excelで単一の列を並べ替える方法

 全くの初心者でも、単一列で昇順や降順の単純な並べ替えは実行することができる。これには、並べ替えたい列の内側で任意の場所をクリックし、「データ」タブで「並べ替えとフィルター」グループの並べ替えオプションのいずれかをクリックする。「ホーム」タブで「編集」グループの「並べ替えとフィルター」をクリックしてもいい。あるいは、セルを右クリックして、「並べ替え」をクリックし、表示されたサブメニューから適切なオプションをクリックする方法もある。図Aは、「Num」(数)フィールドで昇順の並べ替えを実行しているところだ。

図A

タブのオプションやショートカットメニューを使用して、並べ替えのオプションにアクセスする。
タブのオプションやショートカットメニューを使用して、並べ替えのオプションにアクセスする。

 並べ替えのショートカットを使用すれば、キーボードから手を離さずに同じ操作を実行できる。並べ替えたい列の任意の場所にカーソルを置いた状態で(もちろんデータセット内で)、「Alt」「A」「S」「A」を押すと昇順の並べ替えが、「Alt」「A」「S」「D」を押すと降順の並べ替えが可能だ。「ホーム」タブの機能を使用する場合は、「Alt」「H」「S」「S」か「Alt」「H」「S」「O」を押す(これらのショートカットの方が覚えにくい)。では、基本を理解したところで、複数列の並べ替えに進もう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3908文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]