PC・モバイル

「Chromebook」で「夜間モード」の時間帯を設定するには

「Chromebook」を夜間や薄暗い照明下で使う場合、「Night Light」(「夜間モード」)が便利だ。この機能を使用する時間帯を設定する方法を解説する。

 管理者やマネージャー、ライター、プログラマーだけでなく、ソーシャルネットワークを少し利用したり、軽く読書したり、最新のニュースをチェックしたりするためにノートPCを使用しているだけの人でも、夜遅くまでノートPCを使ってしまうことがある。深夜にノートPCを開く場合、最も避けるべきなのは、明るい環境向けに設定されたディスプレイを見つめることだ。これは、目に負担がかかるだけでなく、周りの人の迷惑になる可能性もある。

 幸い、ほとんどのOSには、「Night Light」(夜間モード)に相当する機能がすでに追加されている。UIをダークモードに移行させるものもあれば、別のアプローチを採用しているものもある。

 そうした代替アプローチの1つが、クラウドフレンドリーな「Chrome OS」に搭載されている。Chrome OSでは、画面の輝度を落としたり、ダークテーマに移行したりするのではなく、ブルーライトをフィルターで除去することで、薄暗い場所で画面を見るときの目への負担を大幅に軽減する。照明を消した状態で「Chromebook」を使用する人は、これを必須の機能とみなすべきだ。

 Chromebookを夜間に使用することが多い人にとって、Chrome OSには必ず検討すべき機能がある。スケジュール可能な「Night Light」(「夜間モード」)だ。

 筆者は執筆作業を夜間(午後9時30分~深夜0時)に行うこともある。その間、照明は消えており、妻は眠っている。Chromebookを開いて、画面が最大輝度で表示され、ブルーライトが放射されると、筆者は激しく非難されるので、Night Light機能の時間設定がようやく可能になったことは、本当にありがたかった。この機能のおかげで、「Chromebook Pixel」(残念なことに、サポートが終了してしまう)を開いても、夜の薄暗さの中で目が疲れたり、妻を起こしてしまったりすることがなくなった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約804文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]