BI 帳票管理 文書管理 ウイングアーク1st

鋼管専門問屋ニッコー、Excel頼みを離脱--予実管理や在庫管理を可視化

鋼管専門問屋のニッコーは、BIツール「Dr.Sum」を活用して予実管理や在庫管理を可視化することに成功している。帳票管理ソフト群「SVF」、文書管理システム「SPA」で帳票の電子化も進めている。

 鋼管専門問屋のニッコー(千葉県浦安市、従業員数300人)は、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの「Dr.Sum」、帳票管理ソフト群「SVF」、文書管理システム「SPA」を活用。

 全社での積極的なデータ活用、ペーパーレスや業務効率化を実現しつつ、顧客満足度向上を目指しているという。1月20日、提供するウイングアーク1st(港区)が発表した。

活用イメージ(出展:ウイングアーク1st) 活用イメージ(出展:ウイングアーク1st)
※クリックすると拡大画像が見られます

Dr.Sumでデータを全社の共通言語化

 ごく少数のExcel熟練者のみがデータを活用しており、基幹システムからのデータ取得、レポート作成などの業務が集中。大きな負担となっており、情報資産の効果的な活用が課題だったという。

 また、データ肥大化に伴いストレージ容量が不足。ストレージを追加購入するよりも、分析データを通常の運用データと分けてデータウェアハウス(DWH)/BIなどの環境で運用する方がメリットが多かったという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約715文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]