開発ツール

「Raspberry Pi」公式ケース開発の舞台裏--デザイン責任者が語る設計理念

「Raspberry Pi」の公式ケースは、弁当箱、スキーブーツ、筆箱など、意外なものからデザインのヒントを得ている。開発元の設計担当者にケースのデザインプロセスについて聞いた。

 しかし、ある時期において、物事が大きく異なる方向に進んでいた可能性があった。「最初(のケース)は、ケースとは呼べないようなものだった。邪魔にならないようにPiを囲むシンプルで使いやすいフレームを作成し、クリップ式のパネルを追加しただけだ」とCowan-Hughes氏は語る。

 「視覚言語やわれわれのやりたいことに関して、既存のものは何もなかったため、約50のアイデアがあった」

 Raspberry Pi Foundationは当時、単純にケースを透明にして内部のボードが見えるようにするかどうかを真剣に検討していた。「そのアイデアは最後の方まで候補に残ったが、却下された。(代わりに)ケースを簡単に開けられるようにしたからだ」。同氏は続けてこのように述べた。

 「最初のケースのデザインに関しては、他にも2つの候補があったが、最終的に却下された」

 優れたアイデアを公開しないまま終わらせたくなかったRaspberry Pi Foundationは、不採用のデザインを3Dプリントできるようにすることも議論した。「そうしたオープンソースの考え方は、実行に移すと思う。不採用のデザインの中に優れたものがあれば、どこかの戸棚にしまい込むのではなく、ユーザーがプリントして自分で使用できるようにするかもしれない」(Cowan-Hughes氏)

 スナップ式のふたは初期の頃から、Raspberry Piの各モデルのケースで一貫して採用されている。一般的な家電製品は、内部の電子部品を隠してユーザーが触れられないようにしているが、Raspberry Piのアプローチは正反対で、ユーザーが中を覗いてボードをいじれるようになっており、仕組みを理解しようと試みることができる。

 「一般的に、製品を設計する際、特に家電製品の設計では、規定した1つの方法でのみ使用されることを想定する」とCowan-Hughes氏は述べた。

こちらもプロトタイプのケース。一部の不採用のデザインを3Dプリントできるようにすることが検討された。提供:Image: John Cowan-Hughes / Raspberry Pi
こちらもプロトタイプのケース。一部の不採用のデザインを3Dプリントできるようにすることが検討された。
提供:John Cowan-Hughes / Raspberry Pi

 「通常は内部にアクセスすることはできず、最初の状態のまま使い続けることになる。これに関しては真逆の方向に進む必要があった。ユーザーを内部に誘い込んで遊びや改造を促すケースを作りたかった。ケースの美しさとデザインについて検討するときは、ケースを学校のかばんに入れる子どもたちのことを考える。学校用の筆箱に似ているといってもいいだろう。筆箱を買った子どもたちは、飾りを付けたり改造したりして、自分独自のものにする」

 ケースのディテールも、Raspberry Piのデザインを維持するために最小限に抑えられている。「表面の大部分は、遮るものがない空白になっているが、これは創造のための真っ白なキャンバス、すなわち白紙だということを訴えかけるためだ」とCowan-Hughes氏は語る。

 「表面に複雑な装飾があるデザインや、あまりにも完璧に見えるデザインだったら、改造や変更をしてこれ以上のものを作り出そうという気持ちになりにくいだろう。こういった点を慎重に検討した。公式製品のシリーズ全体のデザイン言語を定義して、Raspberry Piの提案と整合させていくのは、魅惑的な挑戦だった」

 ユーザーにボードとの関わりや改造を促すことが、当初からRaspberry Piの哲学の鍵だった。そこから好奇心旺盛なハッカーやプログラミング愛好家による巨大なカルト的支持が生まれ、Raspberry Piは従来のデスクトップPCがたどり着けないような境地に到達した。

 ユーザーがどこまで想像力を膨らませることができるか。実際にRaspberry Piの用途を制限するものはこれ以外になく、世界中のファンがあらゆる種類の奇抜で素晴らしいプロジェクトを考え出している。「誰かが作ったロボットや、空に昇る気象観測気球など、ケースが他の創造物の一部に使われているのを見るのは、最初の完璧な状態のままデスクトップコンピューターとして使われているのを見るよりも嬉しいことだ」とCowan-Hughes氏は述べた。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]