プロジェクト管理 ヌーラボ

多くの企業に受け入れられる理由--ヌーラボに聞くBacklogの今とこれから

プロジェクト管理ツール「Backlog」が多くのユーザーを抱える秘訣はどこにあるのだろうか。開発するヌーラボに話を聞いた。

 これまでの連載で、プロジェクト管理ツール「Backlog」の基本的な機能とその利用シーンについて紹介してきた。連載の最後は、Backlogを開発するヌーラボ(福岡市中央区)に、Backlogの現在の状況と今後の展望について話を聞いた。ユーザーの声を通して、Backlogが多くの企業で受け入れられている理由と、Backlogが目指す「プロジェクト管理」のあり方を探る。

Backlogを導入する企業の悩み

 Backlogは多くの会社で、プロジェクト管理のみならず業務管理やコミュニケーション基盤として導入が進んでいる。実際にユーザーは、どのような課題感を抱えてBacklogを選ぶのだろうか。

 「多くのマネージャーが悩むのが、日々の進捗確認のためのやりとりです。正確な状況を掴むために個別のやり取りやミーティングが増えてしまうと、メンバーに負担が掛かり、チームの雰囲気が悪くなったり、生産性が下がったりしてしまいます」。そう話すのは、ヌーラボ Backlog Product Managerの白川宏昭氏だ。

ヌーラボ サービス開発部 Backlog課 Product Manager 白川宏昭氏
ヌーラボ サービス開発部 Backlog課 Product Manager 白川宏昭氏

 第1回でも紹介したとおり、曖昧で混線するやり取り、形式の不揃いによる記入漏れや解釈違いなど、口頭、メールベースやスプレッドシートによるタスク管理は破綻しやすい。現代のプロジェクトは、部署や組織、さらには企業の壁をも超えて、複数のチームがコラボレーションをすることが増えている。チームが複雑かつ多様になるほど、フェイス・トゥ・フェイスによる解決は難しくなるし、コロナ禍の下ではなおさらだ。白川氏によれば、Backlogの導入を検討する企業の多くが抱えている課題が、この進捗確認の負担だそうだ。

 加えて、タスク管理が行き届かなくなると、行き当たりばったりで管理表を作ったり、個々人が独自の方法で自分のタスクを管理したりするなど、情報がさまざまな媒体に散逸してしまいがちだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1811文字 ログインして続きを読んでください。

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]