オフィスソフト

Outlookがクラウド対応を強化--「Microsoft 365」更新動向【2012版】

「Outlook」に各種設定をクラウドで管理する機能が加わった。新たに自動返信や優先受信トレイ、プライバシーといった設定を新規デバイスで利用可能になるという。

 Microsoftが米国時間1月5日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2012(ビルド 13530.20316)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Outlookの各種設定をクラウドで管理する機能が加わった。

 直近のOutlookは署名内容をクラウド経由で同期する機能を備えていたが、新たに自動返信や優先受信トレイ、プライバシーといった設定を新規デバイスで利用可能になるという。

Outlookを起動すると、設定のクラウド同期が有効になった旨を示すメッセージが現れる
Outlookを起動すると、設定のクラウド同期が有効になった旨を示すメッセージが現れる
同機能の有無はオプションの「全般」に並ぶ「Outlookの設定をクラウドに保存する」で選択する
同機能の有無はオプションの「全般」に並ぶ「Outlookの設定をクラウドに保存する」で選択する

 実際に新たな環境で試してみたが、クラウド設定を取得するような項目は確認できなかった。ちなみにMicrosoftは、現在のOutlook Web App(OWA)をベースにした「One Outlook」を開発している。Universal Windows Platform(UWP)版メールやカレンダー、Windows版、macOS版、ウェブ版のメール&カレンダークライアントの統一を目指す「Project Monarch」の一環だ。

 先頃、開発中のOne Outlookバイナリーが流出したことで注目を集めているが、こちらの一般提供(GA)目標時期は2022年。Windows版やコンシューマー版、ウェブ版など利用者に混乱を招いた状況に重い腰を上げた形だ。

筆者もMicrosoft Edge Devベースで動作するOne Outlookを試してみたが、MicrosoftアカウントもAADアカウントでもサインインできなかった
筆者もMicrosoft Edge Devベースで動作するOne Outlookを試してみたが、MicrosoftアカウントもAADアカウントでもサインインできなかった

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]