オフィスソフト

Outlookがクラウド対応を強化--「Microsoft 365」更新動向【2012版】

「Outlook」に各種設定をクラウドで管理する機能が加わった。新たに自動返信や優先受信トレイ、プライバシーといった設定を新規デバイスで利用可能になるという。

 Microsoftが米国時間1月5日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2012(ビルド 13530.20316)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Outlookの各種設定をクラウドで管理する機能が加わった。

 直近のOutlookは署名内容をクラウド経由で同期する機能を備えていたが、新たに自動返信や優先受信トレイ、プライバシーといった設定を新規デバイスで利用可能になるという。

Outlookを起動すると、設定のクラウド同期が有効になった旨を示すメッセージが現れる
Outlookを起動すると、設定のクラウド同期が有効になった旨を示すメッセージが現れる
同機能の有無はオプションの「全般」に並ぶ「Outlookの設定をクラウドに保存する」で選択する
同機能の有無はオプションの「全般」に並ぶ「Outlookの設定をクラウドに保存する」で選択する

 実際に新たな環境で試してみたが、クラウド設定を取得するような項目は確認できなかった。ちなみにMicrosoftは、現在のOutlook Web App(OWA)をベースにした「One Outlook」を開発している。Universal Windows Platform(UWP)版メールやカレンダー、Windows版、macOS版、ウェブ版のメール&カレンダークライアントの統一を目指す「Project Monarch」の一環だ。

 先頃、開発中のOne Outlookバイナリーが流出したことで注目を集めているが、こちらの一般提供(GA)目標時期は2022年。Windows版やコンシューマー版、ウェブ版など利用者に混乱を招いた状況に重い腰を上げた形だ。

筆者もMicrosoft Edge Devベースで動作するOne Outlookを試してみたが、MicrosoftアカウントもAADアカウントでもサインインできなかった
筆者もMicrosoft Edge Devベースで動作するOne Outlookを試してみたが、MicrosoftアカウントもAADアカウントでもサインインできなかった

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]