コンテナ

「Kubernetes」の名前空間を作成するには

「Kubernetes」の領域内において、名前空間は、複数のユーザーが複数のチームやプロジェクトに分散している特定の環境で使用される。名前空間を作成する方法を解説する。

 「Kubernetes」の領域内において、名前空間は、複数のユーザーが複数のチームやプロジェクトに分散している特定の環境で使用される。名前空間を使えば、名前の衝突を引き起こすことなく、ユーザー間でリソースを分割することが可能だ。

 例えば、Kubernetesのクラスター内で、同じ名前の複数のポッドを使用することはできない。しかし、名前空間を使用すれば、同じ名前のそれらのポッドを名前空間内で分離できるため、Kubernetesでそれらのポッドを利用することが可能になる。言い換えると、名前空間は一種の仮想クラスターだ。ホスト上に複数のゲストVMを配置するのと同様の方法で、単一のクラスター上に複数の名前空間を配置できる。

 Kubernetesのクラスターを展開すると、少なくとも3種類の基本的な名前空間をすぐに利用できる。

  • default - 名前空間が指定されていない展開に使用される。
  • kube-system - Kubernetesシステムに関連するあらゆるものに使用される。
  • kube-public - すべてのユーザーが読み取り可能だが、システムでの使用のみを想定している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1475文字 ログインして続きを読んでください。

「コンテナ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]