OS・ミドルウェア

Linuxマシンのファイルをネットワーク経由で同期するには--「Unison」の使用

「Linux」では、ネットワーク経由でファイルの同期を実行する方法が非常にたくさんある。クロスプラットフォームの双方向ファイル同期ツール「Unison」の使用を解説する。

 「Linux」では、ネットワーク経由でファイルの同期やバックアップを実行する方法が非常にたくさんある。多くの人にとって、「rsync」と「scp」は事実上の標準だ。もちろん、別の選択肢もある。読者の皆さんの多くはそのツールの名前を聞いたことがないはずだ。それは、クロスプラットフォームの双方向ファイル同期ツール「Unison」である。Unisonはオープンソースで、無料で利用できる。このツールを使えば、2つのレプリカを保存し、別々に変更した後、変更をそれぞれのストアに伝達して最新の状態にすることが可能だ。

 Unisonは、ローカルシステム上またはネットワーク経由でディレクトリーを同期する機能を備えている。本記事では、このツールとSSHを使用して、Linuxサーバー上のディレクトリーを別のLinuxサーバーに同期する方法を紹介する。Unisonを使用するのは非常に簡単だ。コマンドラインよりもグラフィカルツールを好む人は、GUIをインストールすることもできる。ここでは、2つの「Ubuntu Server」インスタンスでUnisonのコマンドラインバージョンを使用して説明を進める。

必要なもの

 Unisonを使用するには、2つのLinuxインスタンスが必要だ。前述したように、Ubuntu Serverを使って説明を進める。このツールは、ほぼすべてのLinuxディストリビューションにインストールが可能だ。「CentOS」を使用している場合のみインストール手順が異なり、「epel-release」リポジトリーを有効にする必要がある。また、sudo権限を持つユーザーも必要になる(インストール時のみ)。

Unisonをインストールする方法

 Unisonのインストールは非常に簡単である。ただし、両方のLinuxインスタンスにこのソフトウェアをインストールする必要がある。それらのインスタンスにログインして、以下のコマンドを実行しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2169文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]