人事・労務

リモート雇用の2021年動向--面接の完全リモート化が8割

先ごろ公開された調査結果によると、面接と雇用プロセスが完全にリモート化されていると80%が回答し、リモート従業員の継続的な雇用では「対面で働く方が効率が良いという組織のメンタリティ」が障害となっているという。

 2020年の感染症流行による激動の中で企業が取り組んだ多くの課題のうち、(ビジネスの観点で)最も厄介だったのは、リモートワークへの急速な移行であった。具体的には、人事(HR)部門は、採用、面接、雇用、解雇、新人研修、コンサルティングといった数多くの事柄に対処する人材を抱えていた。新型コロナウイルス(COVID-19)危機と社員の在宅勤務への移行が進む中、HR関連技術企業であるTalviewはこのほど、2021年のリモート雇用の動向を調査した

 かつては新常態だったことが、今では単なる常態となったことで、従業員と企業が最初にお互いを見つける方法だけでなく、人事とスタッフの間の継続的な関係についての意味合いや慣行も変化している。この報告書の特徴は、多くの人が入社を希望する企業の社員が回答者だということである。回答者の中で圧倒的に多かったグループ(46社、調査対象となった全産業の32%近く)は技術分野からの回答だった。

 参加者には、Amazon、Disney、Uber、Kellogg's、Zoom、MD Anderson Cancer Network、Red Bull、iCIMS、Garmin、Red Bull Montreal、appFolio、HCLプリンストン大学、Task-Us、AdventHealth、Stanford Health Care、Parker、Lufthansa Technik、Vodafone、Charter、SRM科学技術大学、Huawei、Indeed、Home Advisorといった組織が含まれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1946文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]