コミュニケーション 安否確認 インフォコム

千葉県野田市、有事の情報共有サービス活用--避難勧告発令で重要性を認識

千葉県野田市は災害対策として情報共有ツール「BCPortal」と安否確認ツール「エマージェンシーコール」を2020年8月から活用。2019年の台風19号での避難勧告発令が契機だったという。

 千葉県野田市(職員数1054人)は、災害時に活用する情報共有ツール「BCPortal」、安否確認ツール「エマージェンシーコール」を2020年8月から活用。セキュリティを担保しながら情報共有しているという。1月12日提供するインフォコム(渋谷区)が発表した。

 世帯数約7万、人口約15万の野田市は2019年10月の台風19号で初めて避難勧告を発令。部署間での電話連絡や避難所との無線機連絡は、時間や工数がかかる、つながりにくい、聞こえにくいなど、想定仕切れない課題が多かったという。即座に把握、周知できる安否確認システムが必要と認識したとしている。

 質問項目を自由に作成、入力情報を集計できる拠点情報登録機能を活用。クリックするだけで集計でき、集計業務に人を割く必要がなくなったという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]