コミュニケーション 安否確認 インフォコム

千葉県野田市、有事の情報共有サービス活用--避難勧告発令で重要性を認識

千葉県野田市は災害対策として情報共有ツール「BCPortal」と安否確認ツール「エマージェンシーコール」を2020年8月から活用。2019年の台風19号での避難勧告発令が契機だったという。

 千葉県野田市(職員数1054人)は、災害時に活用する情報共有ツール「BCPortal」、安否確認ツール「エマージェンシーコール」を2020年8月から活用。セキュリティを担保しながら情報共有しているという。1月12日提供するインフォコム(渋谷区)が発表した。

 世帯数約7万、人口約15万の野田市は2019年10月の台風19号で初めて避難勧告を発令。部署間での電話連絡や避難所との無線機連絡は、時間や工数がかかる、つながりにくい、聞こえにくいなど、想定仕切れない課題が多かったという。即座に把握、周知できる安否確認システムが必要と認識したとしている。

 質問項目を自由に作成、入力情報を集計できる拠点情報登録機能を活用。クリックするだけで集計でき、集計業務に人を割く必要がなくなったという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]