開発 運用

オフコンはオワコン?--ブラックボックスの打開策とは

オフコン「IBM i(AS/400)」ユーザーには、ブラックボックスという壁が立ちはだかり、DX化などを進められない実情がある。ジーアールソリューションズでモダナイゼーション事業部長を務める阿野氏が具体的な解決案を提示する。

 「Windows」「Linux」で基幹システムを構築してオンプレミスからクラウドへの業務システム機能の移行を進めているユーザー、またはそれらを推進するベンダーからすると、オフコンと呼ばれる「IBM i(AS/400)」は、「まだ、使っているの?」「デジタルトランスフォーメーション(DX)対応は大丈夫?」「早くレガシーはオープン化しないと」という認識が多い。

 こういった声はオフコンユーザー企業の経営者の耳にも入り、「大丈夫か? 何か対策を検討しろ」と言われている情報システム担当も多いと聞く。

 ただ、レガシーのブラックボックスという壁が立ちはだかり中々前に進めない実情がある。

 本連載では5回に渡り、この打開策であるレガシーのホワイトボックス化を解説する。

IBM i(AS/400)ユーザーの現状

 IBM i(AS/400)ユーザーの現状における課題は大きく以下の2つに大別できる。

1.世代の断絶による現行システム維持の危機

 IBM i(AS/400)ユーザーの歴史は、20~30年におよぶ場合が珍しくない。前身となる「System/3(S/3)」シリーズを含めると40年以上のユーザーもいる状況である。この長い歴史の中でいつしか担当エンジニアは固定的になり、後継者も育てていないケースが多い。属人化と後継者不足という問題を抱え、担当エンジニア高齢化によりシステム維持が危機的状況となっている。

 また、選択肢の多い現在においては若いエンジニアは古いイメージを持つIBM i(AS/400)に対する学習意欲も少なく、世代の断絶を埋める術が無い状況である。

2.近い将来に迫る企業競争力低下の恐れ

 企業競争力を上げるにはDXを進める必要があるが、現行システムのブラックボックスが足かせとなり前へ進めず、国内外同業他社との企業競争力に差を付けられる恐れがある。

ホワイトボックス化ソリューションの登場

アプリケーション解析というアプローチ

 企業競争力を損ねる前にレガシー資産のブラックボックスを解消する方法は無いのであろうか? 経済産業省が提唱するDXにおいて「レガシーな情報資産の現状を分析、評価し、仕分けを実施しながら戦略的なシステム刷新を進める」とある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1854文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]