ワークフロー ノンプログラミング開発ツール SSO ドリーム・アーツ

第一生命情報、Notes/DominoをMicrosoft 365に移行--申請業務にSmartDBを活用

第一生命情報システムは「Notes/Domino」を活用した社内メール、ファイルサーバー上の業務システムの「Microsoft 365」に移行。ID、ソフトウェア、機器などの管理申請業務に「SmartDB」を活用している。

 第一生命グループのシステム開発などを事業とする第一生命情報システム(DLS、千代田区、従業員数1824人)は、ビジネスプロセス管理(BPM)型ウェブデータベース「SmartDB」を採用。

 10月からID、ソフトウェア、機器などの管理申請業務で活用し、社内業務をデジタル化、働き方改革を推進しているという。12月22日、サービスを提供するドリーム・アーツ(渋谷区)が発表した。

 同社は、グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進、事業継続計画(BCP)やスマートワークなどの実現を目指し、オンプレミスからクラウドサービスへのシステム移管、構築を順次進めているという。

 「Notes/Domino」を活用した社内メール、ファイルサーバー上の業務システムの「Microsoft 365」への移行に伴い、ワークフローや文書管理機能を補完できるSmartDBを採用。シングルサインオン(SSO)連携させて各種申請業務をクラウド化しているという。

 システムは情報システム部門の3人が3カ月で開発。リモートワークの障壁だったモバイルでの安全な業務環境を実現したとしている。

システムイメージ(出典:ドリーム・アーツ) システムイメージ(出典:ドリーム・アーツ)
※クリックすると拡大画像が見られます

「ワークフロー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]