プロジェクト管理 ヌーラボ

チームをつないで、タスクを可視化--プロジェクト管理ツール「Backlog」とは

チームの生産性向上にはタスク管理が有効だが、さまざまな課題がある。プロジェクト管理ツール「Backlog」を活用する方法を解説する。

 チームの生産性を高めるためのツールとしてビジネスチャットとともに注目されているのが、タスクを可視化し進捗を管理するツールだ。特にテレワークを推進する企業や、複数のステークホルダーが協業するデジタルトランスフォーメーション(DX)では、チームのタスク管理は非常に重要だ。

 本連載では、チームのタスクを管理するプロジェクト管理ツール「Backlog」を題材に、チームワークを円滑にするための機能やユースケースを紹介する。第1回は、改めてBacklogとはどのようなツールなのか、概要を紹介する。

なぜ今タスク管理なのか

 昨今、業務を進める上でチームのタスク管理の重要性が改めて注目を集めている。生産性向上や働き方改革の流れに加えて、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、テレワークが急速に普及したことが理由としてあげられる。従来のタスク管理は、定例の進捗会議を中心に、メールやチャットなどで管理されることが多かった。しかし、これらの方法は以下のような課題を抱えている。

  • タスクの依頼や確認が曖昧になりがちで、いつまでに、誰が、何をするのかが明確ではない
  • 複数のタスクの会話が混線し、チームのメンバーが増えるほど進捗を追いかけるのが難しくなる
  • 口頭での依頼は記録に残らず、メールやチャットによるやり取りは流れてしまいがち

 より複雑な業務の場合、スプレッドシートによる工程表などを作ることが多い。しかし、この方法にも問題がある。

  • 形式が不揃いで、各人によって記入の粒度や解釈がまちまち
  • 各人の記入ミスや表のカスタマイズの結果、定期的にメンテナンスをしないと、書式が崩れて見づらくなる
メールとスプレッドシートの問題
メールとスプレッドシートの問題

 これらの問題は、メンバーの認識のズレやスケジュールの遅れ、引いては成果物の品質にも影響し、チームのタスク管理を破綻させる。その結果、遅れを取り戻すためのオーバーワークや、ミーティング回数の増加を経験された読者も多いのではないだろうか。

 テレワーク下では、オフィスのようにお互いが何をしているのかを直接把握することができない。そのため、タスクの明確化、進捗の正確な記録と把握はさらに重要となる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1713文字 ログインして続きを読んでください。

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]