OS

「Linux」で管理者権限を持つユーザーを作成するには

「Linux」で管理者権限を持つユーザーを簡単なコマンドをいくつか使用して作成する手順を紹介する。

 読者の皆さんが「Linux」システム管理者なら、あらゆる問題を阻止するために、おそらく日々奮闘されているはずだ。やるべきことはたくさんある。セキュリティにも配慮しなければならない場合、この作業の難易度はさらに高くなる。システム管理者が部下の管理者にタスクを割り振るのは、そのためだ。結局のところ、すべてを自分でやろうとすると、最終的にはミスを犯してしまうことになる。目まぐるしく変化する今日のビジネスの世界では、ミスが原因で破滅を招いてしまう可能性もある。Linuxサーバー上に新しいユーザーを作成して、それらの管理者にタスクを割り振ろう。

 問題は、新しいユーザーを作成しても、そのユーザーには管理者権限がないことだ。どうすればいいのだろうか。本記事では、それを解決する方法を解説する。具体的には、いくつかの簡単なコマンドを使用して、Linuxで管理者権限を持つユーザーを作成する手順を紹介する。「Ubuntu Server 20.04」と「CentOS 8」の両方で手順を説明するので、使用しているディストリビューションに関係なく、このタスクを処理できるはずだ。

必要なもの

  • 実行中のLinuxインスタンス。
  • sudo権限を持つユーザー。

Ubuntu Serverでsudo権限を持つユーザーを作成する方法

 まず、Ubuntu Serverを使用する場合の手順を紹介する。Ubuntu Serverでは、2つのコマンドを実行するだけで、sudo権限を持つユーザーを作成できる。1つ目のコマンドは、新しいユーザーを作成する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1487文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]