電子署名 帳票管理 文書管理

2019年比3割増の電子契約、「業務効率化」で関心--「メリットの浸透」が課題

法務、財務、経理などの担当者を対象とした電子契約に関する調査では、電子契約の導入率は前年の3割増となっているが、電子契約の「メリットが理解できない」などの声もある。

 電子契約導入率は2019年比3割増、「導入済」「興味あり」は6割――。12月18日、ペーパーレス化サービスを提供するペーパーロジック(品川区)が電子契約に関する実態調査を発表した。

 法務、財務、経理、人事の各部門に所属する東京都内在住者108人を対象に11月24日に調査している。

 電子契約の認識率は全体の83.3%。その中の導入率は63.3%で、「未導入、把握していない」は36.7%だったという。2019年の調査と比較して34.5ポイント向上したとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約536文字 ログインして続きを読んでください。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]