オフィスソフト

「Excel」の「すべて検索」機能--選択結果を使って操作を効率化

「Excel」のフィルターや「検索と置換」は便利だが、検索結果に削除や書式設定などの追加の処理を実行する場合、手間がかかることがある。「すべて検索」機能を使うことで、こうした処理が簡単になる。

 「Microsoft Excel」の「検索」機能は、同ソフトウェアのツールボックス全体で最も柔軟なツールの1つだ。データの検索と置換以外にも多くのことができる。たとえば、書式の適用や削除、検索文字列を削除せずに新しい文字列を挿入、スタイルの適用や削除、データの入れ替えなどの操作が可能だ。本記事では、「検索」機能で値を選択してから、何らかの方法でその値を操作する方法を説明する。また、そこからさらに一歩進んで、見つかった値の個々のインスタンスを削除してから、何らかの処理を実行する。これを「検索と置換」やフィルターでやるとなると、簡単にはいかない。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもいい。本記事の基本である「すべて検索」リストは、ブラウザー版でもサポートされている。残念ながら、ブラウザーではこのリストからアイテムを削除できず、「すべて検索」の機能が制限される。

Excelで「すべて検索」を使用してセルを選択する方法

 特定の値を含むセルを選択するという操作は、「検索」でよく実行するはずだが、本記事で紹介するオプションは、普段は使用しないものかもしれない。まずは、シート全体を検索するか、特定の範囲を検索するかを決める必要がある。ここでは、以下のように特定の範囲内で作業する。

  1. 図Aのデータを使用して、A2:D13を選択する。シート全体を検索する場合は、現在のシートの任意のセルをクリックするが、範囲を限定した方が、これからやることが簡単になる。
  2. 「Ctrl」+「F」を押して「検索」ダイアログを開く。あるいは、「ホーム」タブで「編集」グループの「検索と選択」オプションから「検索」を選択する。
  3. 「James」を含むすべてのセルを検索するために、「検索する文字列」の欄に「James」と入力する。
  4. 「すべて検索」をクリックすると、Jamesのすべてのインスタンスのリストが表示される。「次を検索」をクリックすると、Jamesの最初のインスタンスが選択されるが、今はクリックしないでほしい(必要に応じて「検索と置換」ダイアログを拡大しよう)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2229文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]