AI・機械学習 PaaS

AWSの機械学習サービス--re:Inventで発表された「SageMaker」関連ツールや「HealthLake」

Amazon Web Services(AWS)は、同社機械学習サービス「SageMaker」関連ツールや医療向けサービス「HealthLake」を同社年次イベント「re:Invent 2020」で発表した。

 Amazon Machine Learning担当バイスプレジデントであるSwami Sivasubramanian氏は、機械学習を「我々の世代が遭遇する最も破壊的な技術の1つ」と呼び、多数の新たなツールを米国時間12月8日に「AWS re:Invent」で紹介した。同氏は、9つの新たな「Amazon SageMaker」機能、医療機関やライフサイエンス機関向けの「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律」(HIPAA)に適合したサービス「Amazon HealthLake」、および「Amazon Neptune ML」が一般に利用可能になったと述べた。

 Sivasubramanian氏はまた、「Amazon Redshift ML」および「Amazon Lookout for Metrics」のプレビュー版も発表した。Sivasubramanian氏は、「現在、10万人以上の顧客が機械学習のためにAWSを利用している。こうしたツールはもはやニッチな投資ではない。当社の顧客はビジネスの中核に機械学習を利用しており、あらゆる業界で導入している」と語る。

 同氏は、「SageMakerには、一連の幅広い斬新でユニークな機能が盛り込まれている」と述べ、「SageMakerは最近まで、こうした洗練されたMLモデルを構築する専門家を必要とする大手技術企業や一歩進んだ新興企業のみが利用可能であった。しかし発明の自由には、あらゆる技能水準の作り手たちが、革命的な技術の恩恵を享受できることが必要である。技術自体が、実験、失敗、そして無限の可能性を与えてくれる」と述べた。

 機械学習に関する基調講演で、Sivasubramanian氏やその他の講演者は、機械学習をビジネスプロセスに現在取り入れている業界の多様性に触れた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1979文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]