開発ツール OS

「Raspberry Pi OS」最新版--Chromiumブラウザー向上でビデオ会議がより快適に

「Raspberry Pi OS」のアップデートが公開された。「Chromium」ブラウザーはバージョン84に更新され、ビデオ会議プラットフォームとの互換性が向上している。

 Raspberry Pi Foundationが年末のソフトウェアアップデートの提供を開始した。このアップデートは、さまざまな微調整や変更、改善をオープンソースの「Raspberry Pi OS」(以前の「Raspbian」)にもたらす。

 最初に紹介するのは、同OSの「Chromium」ブラウザーのアップデートで、バージョン84に更新されている。これにより、YouTubeなどの動画ストリーミングサイトでの再生品質が向上するはずだ。Raspberry Pi Foundationは、「Google Meet」や「Microsoft Teams」「Zoom」などのビデオ会議プラットフォームとChromiumの互換性を高めるため、いくつかの修正も施した。これらすべてが「Chromium for Raspberry Pi」で円滑に機能するようになっているはずだ、と同財団は述べた。

 ほかのOSと同様、Raspberry Pi Foundationも数年前からChromiumブラウザーに内蔵してきた「Adobe Flash Player」を廃止しようとしている。プリンシパルソフトウェアエンジニアのSimon Long氏は、「Adobeは米国時間2020年12月31日をもってFlash Playerのサポートを終了するので、これがFlash Playerを含む最後のリリースになる。ほとんどのウェブサイトでは、すでにFlash Playerが不要になっているので、誰も廃止に気付かないことを願っている」と語った

 Raspberry Pi OSに施された変更は、ほかにもある。OSのサウンドサーバーが「Advanced Linux Sound Architecture」(ALSA)から「PulseAudio」に変更された。これにより、OSが複数のソースからのオーディオを処理する仕組みが大幅に改善されるだけでなく、Raspberry PiとBluetoothスピーカーなどのデバイスの互換性も向上する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1764文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]