データ分析

「Excel」と「Power BI」の連携--自社のデータをより活用可能に

「Excel」と「Power BI」の連携が強化されている。共通のデータ型を使用することで、共同作業の効率向上や、機械学習などでのデータの有効活用が見込める。

 企業はデータを必要としており、MicrosoftのExcelは長年にわたって、そのデータの分析と使用において重要な役割を果たしてきた。スプレッドシートは、柔軟性と拡張性に優れ、分析に最適な数式やマクロを備えていることから、ビジネスアナリストの定番のツールとなっている。

 しかし、そうした役割の多くは「Power Platform」と「Power BI」に引き継がれた(元々はExcelのツールセットだったものが独立した製品になった)。とはいえ、その引き継ぎは常に円満に進められ、2つのツールが効果的に連携して、「Power Query」ツールを共通のデータETL(抽出、変換、読み込み)パイプラインとして使用している。これらのツールを活用することで、ほぼどんなデータソースからでも、データで何をしたいかに応じて、Power BIレポートとExcelスプレッドシートのどちらにでも移ることができる。

組織データ型を利用する

 Power BIは、ビジネス自動化ツールスイートPower Platformの一部になったことで、Microsoftの基幹業務ソフトウェアツール「Dynamics 365」を支える複数の技術と、より深い連携が可能になった。そのため、組織データ型の作成と命名に必要なツールが利用可能になり、Power BIを信頼できるソースとして使用できる。Power BIのおすすめのテーブルを使ってデータセットをExcelと共有し、重要なビジネスデータに特定のデータ型を設定できるようになった。

 データを2つのツール間で転送する機能は重要だ。Power BIのPower Queryは複雑なクエリを簡単にするのに役立つが、視覚化に重点を置いている。強力なツールではあるものの、適切に使うには、ある程度の専門知識が必要だ。軸の値やプロットの種類の選択を間違ったせいで、誤った結論が導き出された、ということが起きやすい。Excelとそのツールやサービスに習熟している人にとって、ExcelとPower BIの連携は非常に理にかなっており、Excelでクエリや数式を作成してPower BIに公開し、Excelだと作成に時間がかかるダッシュボードや視覚データを構築することができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2389文字 ログインして続きを読んでください。

「データ分析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]