データ分析

「Excel」と「Power BI」の連携--自社のデータをより活用可能に

「Excel」と「Power BI」の連携が強化されている。共通のデータ型を使用することで、共同作業の効率向上や、機械学習などでのデータの有効活用が見込める。

 企業はデータを必要としており、MicrosoftのExcelは長年にわたって、そのデータの分析と使用において重要な役割を果たしてきた。スプレッドシートは、柔軟性と拡張性に優れ、分析に最適な数式やマクロを備えていることから、ビジネスアナリストの定番のツールとなっている。

 しかし、そうした役割の多くは「Power Platform」と「Power BI」に引き継がれた(元々はExcelのツールセットだったものが独立した製品になった)。とはいえ、その引き継ぎは常に円満に進められ、2つのツールが効果的に連携して、「Power Query」ツールを共通のデータETL(抽出、変換、読み込み)パイプラインとして使用している。これらのツールを活用することで、ほぼどんなデータソースからでも、データで何をしたいかに応じて、Power BIレポートとExcelスプレッドシートのどちらにでも移ることができる。

組織データ型を利用する

 Power BIは、ビジネス自動化ツールスイートPower Platformの一部になったことで、Microsoftの基幹業務ソフトウェアツール「Dynamics 365」を支える複数の技術と、より深い連携が可能になった。そのため、組織データ型の作成と命名に必要なツールが利用可能になり、Power BIを信頼できるソースとして使用できる。Power BIのおすすめのテーブルを使ってデータセットをExcelと共有し、重要なビジネスデータに特定のデータ型を設定できるようになった。

 データを2つのツール間で転送する機能は重要だ。Power BIのPower Queryは複雑なクエリを簡単にするのに役立つが、視覚化に重点を置いている。強力なツールではあるものの、適切に使うには、ある程度の専門知識が必要だ。軸の値やプロットの種類の選択を間違ったせいで、誤った結論が導き出された、ということが起きやすい。Excelとそのツールやサービスに習熟している人にとって、ExcelとPower BIの連携は非常に理にかなっており、Excelでクエリや数式を作成してPower BIに公開し、Excelだと作成に時間がかかるダッシュボードや視覚データを構築することができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2389文字 ログインして続きを読んでください。

「データ分析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]