OS・ミドルウェア

Linuxで削除済みファイルを復元するには--「testdisk」の使用方法

Linuxで削除したファイルを復元するにはどうすればいいのか。「testdisk」を使った方法を解説する。

 読者の皆さんは、削除したファイルがどこにあるかご存知だろうか。Linuxサーバーを使用している場合、魔法のように消えたそれらのファイルは、かなり捕まえにくい小さなグレムリンのようなものかもしれない。

 ファイルが削除される原因はいくつかある。ユーザーが誤ってrmコマンドを実行してしまった、あるいは、ハッカーがシステムにアクセスして複数のファイルを削除した、という可能性も考えられる。消失した理由や原因が何であれ、あなたはそれらのファイルを取り戻す必要がある。どうすればいいのだろうか。

 最初に言っておくが、慌てる必要はない。これはLinuxであり、ユーザーを助けてくれるツールが必ずある。そのようなツールの1つが「testdisk」だ。このソフトウェアは非常に強力な特定の機能(例えば、パーティション全体の復元)を隠し持っているが、本当に便利な機能の1つは、削除されたファイルを復元する機能だ。

 本記事では、その手順を紹介する。「Ubuntu Server 20.04」を使って、説明を進める。そのことだけでも、testdiskがコマンドラインツールであることをお分かり頂けるはずだ。恐れる必要はない。コマンドラインを使い慣れていない人にとっても、testdiskはコツさえつかんでしまえば、非常に簡単に使用できる。

必要なもの

  • 実行中のLinuxインスタンス(Ubuntu Server 20.04など)。
  • sudo権限を持つユーザー。

testdiskをインストールする方法

 testdiskは標準のリポジトリにあるので、インストールは非常に簡単だ。例えば、筆者のUbuntu Server 20.04インスタンスでは、以下のインストールコマンドを実行する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2230文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]