バックアップ デル

デル、新データ保護アプライアンス--Kubernetesやパブリッククラウド対応を強化

デル・テクノロジーズは、新たなデータ保護専用統合型アプライアンス「PowerProtect DP」シリーズを12月15日から提供する。データ保護管理ソフトウェア「Dell EMC PowerProtect Data Manager」の機能も強化した。

 デル・テクノロジーズは12月9日、新たなデータ保護専用統合型アプライアンス「Dell EMC PowerProtect DP」シリーズと、データ保護管理ソフトウェア「Dell EMC PowerProtect Data Manager」の機能強化を図ったことを発表した。

 規模や要件に合わせた「PowerProtect DP5900」「PowerProtect DP8400」「PowerProtect DP8900」の新3モデルに、従来の「Dell EMC IDPA(Integrated Data Protection Appliance) DP4400」をブランド変更した「PowerProtect DP4400」が加わる。税別価格は350万円から。DP5900、DP8400、DP8900は12月15日から提供する。

PowerProtect DPシリーズのラインアップ PowerProtect DPシリーズのラインアップ
※クリックすると拡大画像が見られます

AWSやAzureのKubernetes、VMware Tanzuにも対応

 デル・テクノロジーズのデータ保護専用型アプライアンスはIDPA DP4400が主力製品だったが、今回市場投入するPowerProtect DPシリーズは最大65対1の重複排除性能を維持したまま高速化し、容量効率や消費電力を大きく上回るという。同社のテスト結果によればバックアップは38%、復元は45%高速化し、容量効率は30%向上。消費電力を最大23%削減していると性能向上を強調した。

デル・テクノロジーズ DPS事業本部  シニア・ビジネス・ディベロップメントマネージャー 西頼大樹氏
デル・テクノロジーズ DPS事業本部 シニア・ビジネス・ディベロップメントマネージャー 西頼大樹氏

 DPS事業本部 シニア・ビジネス・ディベロップメントマネージャー 西頼大樹氏は「独自のプラットフォームだったIDPAシリーズを、デル・テクノロジーズのPowerEdgeベースなどを用いてキッティングした結果」と説明した。また、サイバー攻撃の被害に対応するため、データ復元ソフトウェアの「PowerProtect Cyber Recovery」をフルサポートし、コンテナー環境のバックアップ需要を踏まえてPowerProtect Data Managerからのデータ格納に対応する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1734文字 ログインして続きを読んでください。

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]