その他セキュリティ アイ・ティ・アール

CASB運用監視サービス市場、2020年度も倍--コロナ禍でニーズ増、自社運用は困難

クラウド活用時のセキュリティ対策となる「CASB」を自社運用できない企業が多い一方で、コロナ禍でクラウドサービスの活用は増加。ベンダーが運用監視までをセットに提案するケースが一般化しつつある。

 アイ・ティ・アール(ITR)は12月8日、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)運用監視サービス市場予測を発表した。売上金額ベースで前年度比2.4倍と急成長した2019年度に続き、2020年度も倍増すると予測している。

 クラウドセキュリティ対策ができるCASBは、クラウド利用時のデータ保護、可視化、コンプライアンス、脅威防御などを担保。セキュリティリスクを対処できるが、専任要員の不足などで自社運用できない企業が多いという。

 CASBを構築、販売するベンダーが運用監視サービスをメニュー化、セットで提案するケースが一般化しつつあり、提供ベンダーが増加。本格的な市場形成が期待できると説明。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「その他セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]