ワークフロー PaaS サイボウズ

ワークフロー選びは機能よりも「現実的にできる」「サポート」

ワークフロー導入の際、機能よりも重視するポイントがあるという。ワークフローサービス「コラボフロー」を提供するコラボスタイル代表取締役社長の松本洋介氏が解説した。

 業務アプリ構築PaaS「kintone」をはじめとするクラウドサービスや製品を提供するサイボウズは、2016年から開催する自社イベント「サイボウズデイズ 2020」を開催した。

 今回は、新型コロナウイルス感染症対策を講じて11月11~13日に開催された東京会場のさまざまなセッションの中から、コロナ禍で注目されているワークフローによるテレワーク活用と限界突破方法についてのセッション「がんばれ、ケイエイシャ! 気楽に進める脱ハンコ出社」をレポートしよう。

「サイボウズデイズ 2020」で行われたランチセッション「がんばれ、ケイエイシャ! 気楽に進める脱ハンコ出社」
「サイボウズデイズ 2020」で行われたランチセッション「がんばれ、ケイエイシャ! 気楽に進める脱ハンコ出社」

 登壇したのはコラボスタイル(名古屋市中村区)代表取締役社長の松本洋介氏。元バーテンダーであり、コラボスタイルのほか、名古屋の地域コミュニティーである「八の会」代表や、一般社団法人コンピューターソフトウェア協会(Computer Software Association of Japan:CSAJ)の理事も務めている。

 コラボスタイルは2013年7月に創業し、脱ハンコ、脱書類を実現できるというワークフローサービスを提供している。

テレワークの課題は書類とコミュニケーション

 テレワークを阻害しているのは何かというアンケートを取ると、やはり「紙の書類」と「コミュニケーションが取りづらくなったこと」が原因だったという。自宅にプリンターやスキャナーがないというハードウェアの問題で、契約書を作るために出社しなければならないことが問題になっている。そのため、テレワーク経験者の64.2%は紙書類の確認や押印作業で、やむなく出社した経験があるそう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2495文字 ログインして続きを読んでください。

「ワークフロー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]