RPA 矢野総研

成長続くRPA、使いこなせていない企業も--今後は“成功を実感できるか”次第

矢野経済研究所が国内RPA市場調査を発表。市場のポテンシャルは大きく2023年度まで成長するが、使いこなせていない企業の存在を指摘している。

 矢野経済研究所(中野区)は12月2日、国内ロボティックプロセスオートメーション(RPA)市場調査を発表した。2020年度の事業者売上高ベースの市場規模を、26.6%増の531億6000万円と予測。勢いはやや減速するが成長が続くと予測している。

 数年前にブームとなって大きく注目を集めたRPAは、システム導入が急速に進展。2019年度の市場規模は前年度比54.4%増の420億円で、そのうちツール製品は45.5%増の48億円、関連サービスは55.6%増の372億円になるという。

 2019年度の段階で大手ユーザー企業の利用率は高く、サーバー型RPAの全社的な導入、現場でのデスクトップ型RPAの積極的な活用など、導入成功企業で利用が拡大していると伝えている。

 2020年度は新型コロナウイルス感染症に伴うIT投資の抑制、顧客との対面機会の激減など、RPAツールベンダーの事業活動が制限。市場のポテンシャルは大きく勢いは継続するが、前年度までの勢いはやや減速するという。

 市場規模531億6000万円の内訳はツール製品が28.3%増の61億6000万円、関連サービスを26.3%増の470億円としている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]