RPA ガートナージャパン

“幻滅期の底”に向かうRPA--日本で多用される業務と世界との違い

ガートナージャパンは2月、日本のRPAが幻滅期に向かっていると表現した。日本での活用状況や世界との違いをまとめた。

 ガートナージャパン(港区)は2月、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の推進状況を“ハイプ・サイクル”に沿って「過度な期待のピーク期を抜け、幻滅期の底に向かっている」と説明した。

 4月にはパーソルプロセス&テクノロジー(江東区)が2019年12月までの活用状況をまとめ、データ抽出、システム入出力などが多いと紹介。また、7月にはRPAツールベンダーのBlue Prism(港区)が世界と日本での活用の違いを発表している。

 3つの記事を読み、これからRPAをどう活用していくかの参考にしてほしい。

ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]