RPA ガートナージャパン

“幻滅期の底”に向かうRPA--日本で多用される業務と世界との違い

ガートナージャパンは2月、日本のRPAが幻滅期に向かっていると表現した。日本での活用状況や世界との違いをまとめた。

 ガートナージャパン(港区)は2月、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の推進状況を“ハイプ・サイクル”に沿って「過度な期待のピーク期を抜け、幻滅期の底に向かっている」と説明した。

 4月にはパーソルプロセス&テクノロジー(江東区)が2019年12月までの活用状況をまとめ、データ抽出、システム入出力などが多いと紹介。また、7月にはRPAツールベンダーのBlue Prism(港区)が世界と日本での活用の違いを発表している。

 3つの記事を読み、これからRPAをどう活用していくかの参考にしてほしい。

ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]