オフィスソフト

「Excel」での歩合計算--売上高によって変わる歩合率にVLOOKUP()関数で対応

歩合の計算は複雑だ。売り上げが一定の金額を超えると歩合率が上がるというケースを例に、「Excel」のVLOOKUP()関数を使用した解決策を紹介する。

 歩合給の仕事をしたことがある人なら、その計算がどれほど難しいかご存知のはずだ。一律の歩合なら、合計金額に関係なく同じ率で支払われる。たとえば、歩合率が2%の場合、合計金額が1000ドルであっても、100万ドルであっても、支払われるのはその2%だ。段階式の歩合では、成績が高ければ高いほど率が上がるため、(通常は)販売の促進につながる。

 本記事では、合計に基づいて歩合率が変わるシンプルな段階的システムを「Microsoft Excel」で構築していく。一定の基準を超えるごとに率が上がるシステムだ。ここでは歩合という用語を使っているが、ボーナスにも同じ構造を使用できる。これは、初めて段階的システムに取り組むときの例題として最適だ。頭痛がするほど難解ではないだろう。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。デモ用の.xlsxファイルをダウンロードして利用すると便利だ。この解決策はブラウザー版にも対応している。

最も単純な階層

 極めて単純な段階的階層は、会計用語で言うところの真の段階的システムとは大きく異なるかもしれないが、本稿ではそのようなものとして扱う。たとえば、合計が5万ドル以下の場合は、2%の歩合が支払われるとしよう。売り上げが5万ドルを超えると2.5%となり、8万ドル超の場合は3%となる。ここで注意したいのは、特定の基準を満たすと、その歩合率がすべての合計金額に適用されることだ。そのため、一部の人はこれを真の段階的システムとみなさない可能性がある。

 ビジネスルールは、歩合を支払う企業によって適用される。1つのルールがすべての企業の歩合に当てはまるということはない。難しいことではないが、歩合を設定するためのルールを知っておく必要がある。そのため、本記事で紹介するテクニックを柔軟に活用して、基準や歩合率が変わっても簡単に更新できるようにしてほしい。

 自社の階層システムを表す一連の独自の数式を考え出さなければならない、と思ってストレスを感じている人も、心配は無用だ。まずはそれらを書き出して、皆に理解してもらおう。この簡単なデモで適用する段階的システムのルールは、以下のとおりだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1969文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]