開発ツール

「Raspberry Pi 4 Case Fan」--ラズパイ4用公式ケースに取り付け可能なファン

Raspberry Pi Foundationは「ラズパイ4」用公式ケースに取り付け可能なファンを発表した。ボードの温度が70度よりも高くなるのを防ぐ。

 Raspberry Pi Foundationは、クリスマスにちょうど間に合うように、プレゼントに最適な新製品を発表した。この製品は、「Raspberry Pi」を窓の外と同じくらい低い温度に保ってくれる。

 新しい「Raspberry Pi 4 Case Fan」はわずか5ドルで購入可能で、「Raspberry Pi 4」用公式ケースの蓋の内側にクリップで取り付けることができる。

 Raspberry Pi 4 Case Fanは、USBコネクターとイーサネットコネクターから空気を吸い込んで、プロセッサーに取り付けられた小さなフィン付きヒートシンクを通過させ、ケースのSDカードスロットから排出する。

 これにより、Pi 4はボードに組み込まれた「sprint and recover」メカニズムによって抑制されることなく、フルスピードでより長い時間動作できるようになる。

 Raspberry Piの共同開発者のEben Upton氏はこのシステムを支える科学について、より包括的な説明を提供し、ブログ投稿で以下のように述べた。「すべての電子製品と同様に、Raspberry Piも動作時に廃熱を生成する。ほとんどのファンレス製品(例えば、ほとんどのスマートフォン)と同じように、Raspberry Pi 4も元々、『sprint-and-recover』モードで動作するように設計されていた。つまり、最大のパフォーマンスで長時間動作すると、本体が熱くなり、最終的にはパフォーマンスを落として温度を抑制する」(Upton氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約730文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]