オフィスソフト

SVGクリップボードをサポート--「Microsoft 365」更新動向【2011版】

Windowsデスクトップ版では、Windows 10のテーマ設定に応じてOfficeテーマを自動変更できるようになっている。ドキュメント上のSVG画像を他のSVG対応アプリケーションで流用できるようになっている。

 Microsoftが米国時間11月23日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2011(ビルド 13426.20274)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Windows 10のテーマ設定に応じてOfficeテーマを自動変更する機能をすべてのMicrosoft 365 Appsで備えた。

 Windows 10は「設定」の「個人用設定/色」からOS自身やアプリケーションの基調色として「白」「黒」のいずれかを選択できるが、ここで選択したアプリケーションの基調色が各Microsoft 365 Appsに反映される仕組みだ。具体的には、Access、Excel、OneNote、Outlook、PowerPoint、Project、Publisher、Visio、Wordが対象となる。

 Excel、Outlook、PowerPoint、Wordに共通する変更点として、SVGクリップボードのサポートがある。Microsoft 365 Appsのドキュメントに挿入したSVG形式の画像はバージョン1712以降、図形変換機能を備えることで気軽に扱えるようになった。

 だが、SVG画像を他のアプリケーションにコピー&ペーストする際はピクセルデータになってしまう。この変換処理を行わず、Microsoft 365 Appsドキュメント上のSVG画像を、他のSVG対応アプリケーションで流用可能にしたのが同機能の特長である。Microsoft 365 AppsのSVGサポートに注力してきたMicrosoftだが、同機能の実装でMicrosoft 365 AppsがSVG編集環境として整ったと言える。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]