会計ソフト

フィンテックガーデン、銀行API標準化に向けた研究会を発足

一般社団法人フィンテックガーデンは、銀行API標準化に向けた研究活動を展開する「銀行共通API開発研究会」を発足させた。銀行ごとに異なるAPI開発層に対して共通APIの仕様を策定する。

 一般社団法人フィンテックガーデン(千代田区)は12月1日、銀行API標準化に向けた研究活動を展開する「銀行共通API開発研究会」を発足させた。

 2018年6月施行の改正銀行法は各金融機関にオープンAPIの努力義務を課したが、サービス連携契約締結期限となる2020年5月末を過ぎても“参照系”APIの契約が中心となり、“更新系”APIの進捗は芳しくない。

 銀行ごとにAPIが異なる仕様となっているために、APIで連携しようとすると銀行ごとにAPIを開発せざるを得ない。この複雑さがフィンテックサービスの普及を妨げる一因と指摘されている。参照系APIは口座情報を見るためだけのものであり、外部のサービスから口座振り込みなどを指示できる更新系APIはほとんど進んでいないとも指摘されている。

 そのため同社団法人はフィンテックに関連する各団体とともに同研究会の設立に至った。同研究会を呼びかけるフィンテックガーデン 理事の舘村真二(タテムラ 代表取締役)氏は、「活動を通じてフィンテックがより便利になる世の中の実現に貢献したい」と取り組みを説明した。

 銀行共通API開発研究会に参加しているのはアイパワー、アークテクト、エプソン販売、カーム、CUOS、クラウドアシストサービス、クラウドインボイス、佐山経済研究所、シスプラ、スマイルワークス、辻・本郷税理士法人、タテムラ、TBSビジネス・ソリューション・テクノロジー、ティー・ワイ・ソリューションズ、日本情報開発、日本情報振興協同組合、日本ビズアップ、HAYAWAZA、ファーストアカウンティング、バンカーズ・ビジネス・ソリューションズ、フィンテックガーデン、フィンテックを考える税理士の会、フリーウエイジャパン、MAP経営、山中ソフトウェア製作所、ROBOT PAYMENTの26団体。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1789文字 ログインして続きを読んでください。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]