名刺管理 Sansan

経団連、名刺管理「Sansan」で情報共有--約1600の会員企業などの情報を管理

経団連が名刺管理サービス「Sansan」を採用。「オンライン名刺」も活用し、会員企業との連携強化、柔軟な働き方を推進する。

 一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)事務局は、名刺管理サービス「Sansan」を導入。米国事務所を含む全職員でオンライン名刺機能を活用し、会員企業との連携強化、柔軟な働き方の推進などを目指すという。12月1日、サービスを提供するSansan(渋谷区)が発表した。

 名刺情報を手入力と人工知能(AI)でデジタル化できるSansanを活用し、組織内で共有。約1600の会員企業や主要な業種別全国団体、地方別経済団体などとの人脈情報を全体で管理、可視化し、職員同士の情報共有、コミュニケーションの活性化を目指すという。

 人脈がクラウド上に保存されるため、異動や退職に伴う引き継ぎ漏れも防止できるとしている。

 Sansanが6月16日に発表、Sansan画面からリンクを生成できる「オンライン名刺」機能も活用する。法人向けのSansan、個人向けの「Eight」で活用できるデジタル名刺を運用し、オンラインの打ち合わせやイベントなどでも所属部署や肩書きなどを漏れなく登録できるという。

 オフライン、オンラインの接点をSansanで管理し、人脈情報を自動で蓄積、最新化されるデータ基盤を構築すると説明。正確な情報をもとに効果的にデータを利活用するとしている。

「名刺管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]