ノンプログラミング開発ツール 開発ツール PaaS ECサイト CMS クニエ

ローコード開発の現状--なぜ今注目されるのか、何がハードルなのか

ローコード/ノーコード開発に注目が集まりつつある。なぜ今注目されるのか、どんなメリットがあるのかなどをクニエの坂本氏が解説する。

 最低限のソースコードを書くだけ、あるいは全くコードを書かずにシステムを開発する手法のローコード/ノーコード開発に注目が集まりつつある。

 システムの設計情報を定義すると、設計情報をもとにソースコードを生成したり、もしくは設計情報に基づいてシステムを実行環境で動作したりでき、ソースコードを生成する工数を限りなく少なく、またはゼロにできる。開発ツールやプラットフォームとして提供されており、2020年現在は多くの製品やサービスを活用できるようになっている。

 本連載では、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)やレガシー化が進む既存システムの刷新問題いわゆる「2025年の崖」など、エンジニアやIT人材、デジタル人材不足を補う解決策の一つとなるローコード開発の効果と推進について5回にわたり解説する。

今、ローコード開発に注目が集まる背景

 ミック経済研究所によると、日本でのローコード開発の市場規模は、2018年度で2143億円、2023年度で4560億円まで拡大するという。また、Gartnerは2024年までに世界のアプリ開発の65%以上がローコードで開発されると予測している。

 注目が集まっている背景を、需要と供給の観点から見てみよう。

需要の観点

  • IT活用領域の急速な拡大
  • ITスキルを持たない人材によるシステム開発の登場
  • ビジネス環境の急激な変化に応じた短納期開発の要請

 テクノロジーの進化による新規ビジネスの創出やリモートワークなどの働き方の変化など、企業がITを活用したい領域は拡大した。それによりIT人材不足は非常に顕著となり、IT部門やIT企業だけでなく、業務部門自らシステムを開発する「シチズンデベロッパー」のような、システム開発スキルを持たずに開発する人々が現れるようになった。また、現在は変化の激しい時代であり、新サービスをITですぐにリリースできるよう、システム開発のスピードは高速化が求められるようになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2180文字 ログインして続きを読んでください。

「ノンプログラミング開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]