開発ツール

ローコード採用が増加--ソフトウェア開発の2021年予測

Forresterが発表した2021年のソフトウェア開発に関する予測によると、ローコードが主流となるという。

 Forresterが発表した2021年のソフトウェア開発に関する予測によると、2021年にはローコードが主流となり、開発部門の75%がローコードプラットフォームを採用するようになるものとみられる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機がもたらした新たな労働環境や製品に対する需要も、こうした移行の一因となっている。Forresterのアナリストは、「ローコードプラットフォーム、デジタルプロセスの自動化、共同作業管理を採用した企業は、従来の開発のみに依存している企業に比べ、より迅速で効果的に反応した」ことを発見した。

 報告書は、ローコード採用増加の背景には、次のような要因があることを明らかにしている。

  • 大規模なサービスプロバイダーが、ローコードプラットフォームを効果的に採用するよう、企業に働きかけていること。
  • ローコードプラットフォームを使用している企業やその提携企業が、古いコアアプリケーションのモダナイズを含む基幹業務用アプリケーションを提供していること。
  • 企業における大規模な市民開発者プログラムに関する最初の成功例が現れ始めていること。

 Jonathan Greig氏が米TechRepublicに書いているように、ローコードプラットフォームは、非技術系企業が業務上の問題点に対処する簡素なアプリケーションやプログラムを簡単に構築できる手段になっている。米ZDNetでは、ローコードアプローチの利点を把握するため、Joe McKendrick氏が開発者から話を聞いている

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1149文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]