DWH

Snowflake入門--データを有用な情報に変えるデータウェアハウスプラットフォーム

Snowflakeは、データの保存、検索、分析、処理に必要なツールを一元的に利用できるプラットフォームだ。Snowflakeの機能や提供元の企業の概要、競合サービスなどについて解説する。

 現代企業のデジタル化によって、果てしなく続くように思える生データの流れが生み出された。何TBものデータから実用的な情報を収集するには、データを迅速かつ効率的に保存、検索、処理できるシステムが必要になる。そうしたシステムで最も一般的なものの1つが、データウェアハウスだ。

 データウェアハウスは、1つまたは複数のソースから取得された統合データの中央リポジトリであり、現在のデータと過去のデータを1カ所に保存する。このデータを検索して、分析レポートなど、全社の従業員にとって実用的な情報を作成することができる。適切に設計された包括的なデータウェアハウスには、組織が収集したデータの力を解き放つ可能性がある。

 高度なデータウェアハウスシステムの開発と保守は、コストがかかりすぎて個々の企業では対応できない場合が多いため、多くの企業がサービスベンダーと契約して、クラウドベースのプラットフォームを利用している。Snowflake Inc.は、この業界で最も著名なSoftware-as-a-Service(SaaS)データウェアハウスベンダーの1社だ。同社はデータウェアハウスシステムに関連する一連の包括的なサービス、プラットフォーム、機能を提供している。

Snowflake Inc.はどんな企業なのか

 Snowflake Inc.は、Benoit Dageville氏とThierry Cruanes氏によってシリコンバレーで創設された。両氏が開発したSnowflakeデータクラウドプラットフォームは、以前はあまり利用されていなかった企業生成データの力を活用するためのツールとして機能する。Snowflakeのウェブサイトによると、同プラットフォームの顧客がこの3年間で達成した投資収益率は、平均で600%以上だという。

 Snowflake(SNOW)は2020年9月、ニューヨーク証券取引所に上場した。IPO価格は120ドルで、取引初日の終値は250ドルを上回った。これにより、Snowflakeの時価総額は704億ドルと評価された。ソフトウェアメーカーとしては過去最高のIPO評価額だ

Snowflakeプラットフォームはなぜ重要なのか

 現代企業において、生データの生成は標準的な業務手順だ。むしろ、ビジネスのデジタル化への流れが続く中で、生成されるデータが大幅に増大して、システムが圧倒され、データを有意義な方法で使用する能力が追いつかなくなる傾向にある。データが大量にあるからといって、有効に活用できるわけではない。少なくも、適切に保存、検索、分析、処理しない限り、有効利用はできないだろう。

 データウェアハウスは、データの効率的かつ効果的な保存、検索、分析、処理という目標の達成に必要なプラットフォームとツールを提供し、生データを企業の意思決定者にとって有用かつ実用的な情報に変える。データウェアハウスによってそれらの目標を達成するためには、従来のデータ手法と大きく異なるアプローチが必要だ。それにより、データウェアハウスシステムが多種多様なソースのデータを保存して、全社的な中央リポジトリを作成することが可能になる。

 Snowflakeプラットフォームでは、データの保存、検索、分析、処理に必要なすべてのツールを、アクセスが容易でスケーラブルな単一のシステムから利用できる。Snowflakeが重点を置いているのは、クエリによる簡単なデータアクセス、多数のユーザーに対応可能な大容量キャパシティ、メンテナンス不要の自動スケーラビリティーだ。

 Snowflakeのデータウェアハウスプラットフォームは現在、3000以上の顧客に利用されており、その規模は従業員数50人未満の小規模企業から、非常に多くの人が働くFortune 500企業まで多岐にわたる。同社が2020年7月に処理したデータウェアハウスクエリは5億件以上だ。サービスとしてのクラウドベースのデータウェアハウスプラットフォーム業界において、Snowflakeがリーダーであることに疑いの余地はない。

どのようなサービスを提供しているのか

 Snowflakeプラットフォームは独自のアーキテクチャーを採用しており、ストレージ、コンピューティング、サービスを論理的に分離する一方で、それらをネイティブに統合する。このマルチクラスターアーキテクチャーによって、従業員はパフォーマンスに影響を与えることなくビジネスデータに同時にアクセスできる。この高度なデータウェアハウスシステムのアーキテクチャーは、以下のような多数のサービス用のプラットフォームを提供する。

  • データウェアハウス
  • データレイク
  • データエンジニアリング
  • データサイエンス
  • データアプリケーション
  • データ共有

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]