その他サーバー デスクトップ仮想化 NTTPCコミュニケーションズ

NTTPC、ホスティングサービスでWindowsリモートデスクトップを提供

NTTPCコミュニケーションズはホスティングサービス「WebARENA Indigo」でWindowsリモートデスクトップのオプション提供を開始した。月額1300円は国内最安値という。

 NTTPCコミュニケーションズは11月26日、記者会見を開催。中小企業向けに2019年10月から提供しているホスティングサービス「WebARENA Indigo」において「Windows Server リモートデスクトップ SAL(Subscriber Access License)」(Windows Server RDS SAL)を税別価格1ユーザーあたり月額550円での提供を開始した。利用にはWebARENA Indigo Windowsタイプの仮想専用サーバー(VPS)の契約(月額最大750円)が必要になるため、月額1300円で利用可能。

NTTPCコミュニケーションズ 第二サービスクリエーション部 部長 冨永嘉之氏
NTTPCコミュニケーションズ 第二サービスクリエーション部 部長 冨永嘉之氏

 WebARENA IndigoのVPS利用台数が1万台を突破したことを記念して、Windows Server RDS SALの新規や追加ライセンス契約の月額料金が2021年2月まで最大4カ月無料となる「リモートワーク応援キャンペーン」も展開する。

 NTTPCコミュニケーションズ 第二サービスクリエーション部 部長 冨永嘉之氏は「コロナ禍でリモート環境を安価に利用したいという声が増えている」とキャンペーン実施理由を説明した。同社は3年後となる2023年までに仮想マシン(VM)10万の稼働を目標に掲げ、国内VPS市場のシェアNo.1を目指している。

コロナ禍のリモートワークで注目集めるVPS

 コロナ禍でリモートワーク環境の整備に努めた企業は枚挙に暇がない。これまで限定的な用途に用いられていたVPSだが、用途に応じて必要なアプリケーションをインストールできるため、オフィスに出向かないと使えない基幹業務システムのリモート利用など注目を集めつつある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1321文字 ログインして続きを読んでください。

「その他サーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]